【ブランド・商品】リニューアル 成功と失敗の分岐点

マーケティング

あれ、「リニューアルありき」になってる?と感じたら危険信号!

P&Gに学ぶ、結果を出すための進め方


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 高田 誠
所属 株式会社オーセンティックス代表取締役
元P&GマーケティングPR・広報部長
略歴 1987年東京理科大学卒業、P&Gの商品開発として数々のブランドを機能・シーズ開発としてカバー。特に洗濯に「除菌」という概念をプロダクト側から導入した立役者でもある。また、多様化している消費者に対応するためのグローバルなプロジェクトに参画。マーケティングPR・広報部長として、マス広告とPR、インフルエンサーマーケティングとを連動させたホリスティック・マーケティングに取り組む。2010年同社を退職し、現在、株式会社オーセンティックス代表として、持続的にブランド育成ができる仕組みづくりを支援している。

セミナー概要

1.先行き不透明な市場でリニューアルをどのように考えるべきか

 ・人口は減少、ライフスタイルもニーズも多様化──その対策は本当にリニューアルなのか?
 ・「規模」と「多様性」を考えて、結果が出せるリニューアルの決め手を見極める
 ・売上は落とせない、リピートを増やしたい、
  でも新たなユーザー獲得も重要・・・そんな課題に対する答えは?
 ・プロダクトの成功条件とマーケティングの成功条件

2.主力定番商品をリニューアルすべきか否か
  ブランドを伸ばすための戦略的リニューアルとは

 ・強い競合ブランドに打ち勝ち、継続的に売上・シェアを伸ばすことは可能か
 ・本質的に価値あるものは、誰かに特別な価値を提供できる
 ・「技術力」や「スペック」の高さで勝負しようとする商品リニューアルがはまりがちな罠
 ・何を変え/何を変えないか、なぜ変えるのか/なぜ変えないのか
 ・目的を達するための手段を戦略的に見極める

3.シンプルでなければ伝わらない、根拠がなければ人は動かない
  リニューアルを成功させる商品企画開発

 ・成果がでない企画開発のプロセスと成果の出るプロセスの違い
 ・いくら調査しても新しい発見や気づきがない!アイデアが出ない!袋小路からの脱却法
 ・ビジネスの大きさとセグメンテーションの捉え方
 ・選ぶ理由をつくり、選ばれない理由をなくす──POD&POPの考え方
 ・「これにしよう!」ベネフィットと商品価値を裏付ける根拠

4.これからの商品・ブランドリニューアル 成功への総点検

 ・マーケティング先進企業が力を入れるリニューアル戦略のコア
 ・ブランド・商品をターゲットユーザーの全てのタッチポイントで考える
 ・明日から使える!リニューアルを成功させるたった1枚のキーチャート

開催日時 2018年1月25日(木) 13:00~17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 0614139

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top