生協宅配カタログ紙面徹底研究セミナー

各社のカタログの特徴と攻略法

マーケティング

営業力強化(消費財)


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 折戸 功
所属 (株)日本店舗開発支援機構 代表
略歴 1946年9月 北海道帯広市生まれ 専修大学商学部卒 コープさっぽろを経て日本生活協同組合連合会にて生協支援にたずさわり、2007年日本店舗開発支援機構を設立、代表。
全国の生協と事業連合会の店舗運営・商品力強化、農協の店舗や直売所、スーパーマーケットの店舗販売力強化など小売業を幅広く実施している。最近は、小売業での経験を生かしてメーカーや卸売業での営業スタッフに対する業務支援なども実施している。
著書 「よくわかる100個販売入門」 日本店舗開発支援機構

講師詳細

セミナー概要

1.生協の現状

1. 共同購入をとりまく環境
 1)人口減少時代に生き残りをかける共同購入
 2)ネットスーパーやIYフレッシュやアマゾンなどの競争

2.主要生協と地域事業連合の動き
  1)2017年31カ月連続伸長(10月現在)の宅配事業の進行
  2)商品案内リューアルなど2018年の主な課題

2.宅配カタログの紙面徹底研究

1. 宅配のコープ商品ブランド力向上の取り組み
 1)組合員の声から始まるコープ商品4,600品目の刷新が終了
 2)一歩先へ倫理的消費(フェアトレードなど)商品拡大
 3)好調な子育て世帯を応援「きらきらステップ」ブランド商品
 4)時短商品の代名詞「料理キット」の拡大に取り組む

2.宅配カタログ紙面ができるまで
 1)メーカー提案がカタログ紙面になるまでの業務の流れ
 2)暮らしをカバーするカタログ企画はどのように決まるのか
 3)カタログ企画に合わせた商品選定と販売目標の決定
 4)企画、配付、受注、納品、配達の流れ
 5)業務の振返りと次回にむけた課題

3.主要生協のカタログ徹底比較
 1)主要生協クリスマス・年末カタログ徹底比較
 2)紙面構成・商品の見せ方、販促内容で利用が大きく変化
 3)カタログの生命線「欠品とクレーム」について
 4)カタログ徹底比較から明日への課題

開催日時 2018年1月22日(月)13:30-17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)
セミナーNo. 2414152

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top