ECチャネル徹底研究セミナー

流通各社の対応とAmazonほか専門業者との競争の行方

マーケティング

例を解説することで、ECに取組む上で王道といえる「商品・サービス強化」、「提供インフラ&チャネル強化」「コミュニケーション強化」の3つの強化軸を、自社の戦略から施策に落とし込めるようになることをテーマとしています。
EC企業への対応をされている営業関係の方、自社のEC戦略をお考えの方などにおすすめのセミナーです。


講師紹介

講師紹介

講師名 逸見 光次郎
所属 オムニチャネル
略歴 1970年東京生まれ。1994年三省堂書店入社。1999年ソフトバンク入社。イー・ショッピング・ブックス社(現 セブンネットショッピング社)立ち上げに参画。2006年アマゾンジャパン入社。ブックスマーチャンダイザー。2007年イオン入社。ネットスーパー事業の立ち上げと、イオングループのネット戦略構築を行う。2011年キタムラ入社。執行役員 EC事業部長  書店時代、誰もが同じ価格(本代+交通費)で本が買える世の中にしたいと、ネット書店の立ち上げに参画。その中で、日本の小売においては、リアル店舗を活用したネットサービスが有効であるとわかり、アマゾンからイオンへ。店舗利用者かつ会員重視のネットスーパーを構築し、グループ全体のネット戦略を追求する中で、よりネットを活用するには商品・接客の高い専門性が必要と感じ、カメラのキタムラに入社。約1,300の店舗網を活用し、EC関与売上419億円(宅配117億円、店受取302億円)。店舗とネットの更なる融合「人間力EC」を進める。)

セミナー概要

1.世の中の変化(ネット環境、小売市場、EC化率、消費者世帯/収入/支出)

2.流通/販売チャネル、情報チャネルのオムニチャネル化

3.オムニチャネル実践企業事例(国内編)
  ・成功・失敗・撤退事例

4.オムニチャネル実践企業事例(海外編)
  ・成功・失敗・撤退事例
  ・アマゾンの戦略についての考察

5.メーカーが考えるべきSCMの強化と、商品/生産管理のデータ管理
  強化の重要性
  ・ロングテールへの生産・物流対策
  ・欠品対策の考え方

6.ワーク1
  ・「5.メーカーが考えるべきSCMの強化」を受けて、社内の情報整備状況の確認

7.ワーク2
  ・4P+C:店舗&ECをどのように活用しメーカーのプラスとするか?
  ・D2Cのダイレクトコミュニケーション&販売の可能性

8.質疑応答&全体まとめ

開催日時 2017年12月20日(水)13:00~17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 0914149

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top