技術者のためのマーケティング思考力向上

顧客の声と技術をつなぐ思考法

マーケティング

グローバル競争の激化、製品開発数の増加などによりヒット商品が出にくくなっています。このような状況下で、技術者(エンジニア)にもマーケティングを学ばせようという傾向が多くの企業で見られます。


本セミナーは、こうしたニーズに基づいて技術者(エンジニア)が学ぶべきマーケティングについて、自らも実務の中でマーケティングを学び顧客の声を的確に捉え、自社の持つ技術との結びつけ、製品開発を主導してきた講師によりマーケティングの何を、どのように学べばいいのかわかりやすく解説いたします。


講師紹介

講師紹介

講師名 賀門 康至
所属 フューチャーシップ株式会社 代表取締役
略歴 (株)リコーで17年間、デジタル複合機の開発、設計などに従事。電気系技術者、画像処理、LSI開発設計者としてのバックグラウンド。リコー退職後、 日本ケイデンスデザインシステムズ社でLSI設計サービスディレクター、イーエムシージャパン(株)、マーケティングディレクター、ジェイビルサーキットジャパン(株)で技術部門、および事業開発部門でディレクターなどを歴任。2009年に(株)レグラスの代表取締役。2012年より(株)リコーで技術開発部門の所長、副本部長などを経て2017年に、フューチャーシップ株式会社設立。

セミナー概要

1.技術主導、プロダクトアウトの限界

 ・大量生産時代に生まれた偶然の成功たち
 ・時間軸で孤立したイノベーションの失敗
 ・マーケティング理論の変遷

2.製品軸から顧客軸に思考をシフト

 ・製品軸では見えない本当に顧客が欲しいもの
 ・製品軸の競合は真の競合ではない
 ・顧客側に立った疑似体験で見えてくるニーズ
  [ワーク] 本当の競合を探す

3. 顧客観察と質問力で真のニーズに迫る

 ・顧客がモノを買う心の仕組みを理解する
 ・顧客行動の何を観るのか
 ・顧客の欲求を制御する4つのファクター
  [ワーク] 質問力実習

4.戦略的なイノベーションの起こし方

 ・「魔の川」「死の谷」「ダーウィンの海」
 ・事業全体の構造を読み解く
 ・アップルの戦略からの学び
  [ワーク] 事業戦略の立案演習

5.まとめ・質疑応答

開催日時 2017年12月8日(金)13:00~17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 43,200円 (税込) ※飲料等をご用意しております
セミナーNo. 0914140

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top