働き方改革、残業抑制の時代に対応するための

時間を効果的に使う法

人材育成

会議・打合せの効率、仕事のムダを減らし生産性を高める!


近年、働き方改革など、残業の抑制など効率的・生産性の高い時間の使い方が求められるようになっています。また、自分だけではなくチームとしてそのような働き方が離職率にも大きく関わってきています。


そのため本セミナーでは、
1)ムダな時間を減らすための考え方や時間の使い方
2)優先順位をつけ、業務をスムーズに進め成果を出す思考法


をワークを通じ、ダンドリよく働く要素を体感していただきます。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 松本 幸夫
所属 ヒューマンラーニング株式会社
略歴 研修講師として20年以上、コミュニケーションを中心としたセミナーをはじめ、仕事術、段取り術・ネゴシエーション・スキル・プレゼンテーション・時間活用等の研修を国内大手メーカーや、金融業界をはじめ、多くの企業にて実施している。また、タイムマネジメントやコミュニケーションスキルの著作累計販売部数150万部超。その安定した語り口と、豊富なエピソードを混えた心のこもった講義・現場で使える研修のスキルは、受講生から多くの好評を博す。 



セミナー概要

1.時間に対する見方を変える

1)棚卸しのタイムスタディ
2)本当に時間をかけるべき仕事は何か

【ワーク】タイムスタディチェックシート:現状の時間の使い方を分析する

2.仕事の段取り3大ルール

1)全体展望
2)優先順位
3)見える化

3.「見切り」と「切り捨て」で重要度を知る

1)仕事の「見切り」と「仕切り」
2)時間泥棒の退治 仕切りの7大スキル
3)的確の「仕切り」で時間活用
4)「見切り」で確実な成果

【ワーク】仕事の7分野:自分の仕事内容を把握する

4.会議・打合せを効率よく進める

1)締切効果の活用
2)短時間で済ます環境を作る
3)切り捨ても視野に置く



※タイムスケジュールは進行に応じて変更となる場合がございます

開催日時 2017年12月6日(水) 13:30-17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 39,960円(税込) ※飲料等のご用意をしております
セミナーNo. 1214128

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top