「モノ」から「コト」への価値基準の転換でイノベーションを起こす

利益創造のサービス事業戦略セミナー

マーケティング


講師紹介

講師紹介

takahashi_toru.JPG

講師名 高橋 透(たかはし とおる )
所属 ニューチャーネットワークス 代表取締役
略歴 1987年上智大学経済学部経営学科卒業後、旭硝子株式会社へ入社。 セラミックスのマーケティング、新規事業を担当。その後、大手コンサルティング会社で電子、電機、機械、素材などの製造業の新製品、新事業のコンサルティングを経験し、1996年に経営コンサルティング会社"ニューチャーネットワークス"を 設立し、代表取締役を務める。 現在は、精密機器、半導体、機能材料、医療器械、製薬、自動車、自動車部品などの技術ベースの企業の戦略コンサルタントとして活躍。また最近では、アジアを中心とする海外拠点のビジネスリーダーの研修、 アクションラーニングなども手掛ける。 実績として、ハイテク産業、精密機器、自動車部品、電機、小売、製薬、食品、化学、素材メーカー、(他多数あり)などの多業界に携わり、事業戦略、アライアンス戦略、関係会社戦略、現場起点での経営改革導入、経営幹部研修等で活躍している。
コラム 先走ったグローバル事業計画に見られる問題と本質

講師詳細

セミナー概要

1.見逃せない「モノ」から「コト」への顧客価値の急激なシフト

1)コトづくりへの環境変化の認識
2)モノビジネスとコトビジネスの違い、コトビジネスとは何か
3)コトビジネスへの進化のステップ、シュミットの戦略的経験価値モジュール
4)コトビジネスのミッション
5)コトビジネスの価値の構造と成功事例

2.「コト」ビジネスの戦略開発

1)コトづくりビジネス企画の前提条件と全体像
2)コトビジネスの基本フレームワーク
3)コトビジネス企画開発ステップ
 (1)コトビジネスの企画発想方法
 (2)ターゲット顧客への提案、コミュニケーションの実施
 (3)コトビジネス戦略構想書 など

3.「コト」ビジネス化のための仕掛け~製造業のサービス事業戦略

1)事業コンセプト企画の方法を変える
2)コトビジネスを狙う製造業のサービスイノベーションの成功要因
3)コトビジネスを狙う製造業サービスイノベーションの4つのコンセプト
4)モノづくりのコアコンピタンスによるイノベーション
5)製品とサービス統合アーキテクチャーの設計
6)製品開発サイクルとサービスサイクルを同時に回す
7)サービスイノベーションのためのインフラづくり

4.「コト」ビジネスを狙う製造業のサービスイノベーション

~製造業のサービスイノベーション4つの具体的戦略手法
1)サービスビジネス化による収益アップ、顧客関係性強化
2)既存ビジネスのサービスビジネス化による新規顧客獲得
3)サービスビジネス化による新製品・サービスパッケージの展開
4)サービスビジネス化による破壊的参入

5.IoT時代は「コト」ビジネスの時代

1)IoT化でコトビジネスは過去・現在・未来の経験価値を生む時代へ
2)IoTでは購買者が各レイヤーを自由に選択し、組み合わせる

開催日時 2017年12月5日(火) 10:30-17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600円(税込)昼食をご用意いたします
セミナーNo. 0912275

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top