技術マーケティング戦略セミナー

営業力強化(生産財・産業財)

「技術」をいかにして「利益」につなげるか?


講師紹介

講師紹介

takahashi_toru.JPG

講師名 高橋 透(たかはし とおる )
所属 ニューチャーネットワークス 代表取締役
略歴 1987年上智大学経済学部経営学科卒業後、旭硝子株式会社へ入社。 セラミックスのマーケティング、新規事業を担当。その後、大手コンサルティング会社で電子、電機、機械、素材などの製造業の新製品、新事業のコンサルティングを経験し、1996年に経営コンサルティング会社"ニューチャーネットワークス"を 設立し、代表取締役を務める。 現在は、精密機器、半導体、機能材料、医療器械、製薬、自動車、自動車部品などの技術ベースの企業の戦略コンサルタントとして活躍。また最近では、アジアを中心とする海外拠点のビジネスリーダーの研修、 アクションラーニングなども手掛ける。 実績として、ハイテク産業、精密機器、自動車部品、電機、小売、製薬、食品、化学、素材メーカー、(他多数あり)などの多業界に携わり、事業戦略、アライアンス戦略、関係会社戦略、現場起点での経営改革導入、経営幹部研修等で活躍している。
コラム 先走ったグローバル事業計画に見られる問題と本質

講師詳細

セミナー概要

1.技術開発が儲けにつながらないのはなぜか?

1)日本の製造業の問題・課題と生かすべき強みとは何か
2)技術をビジネスの儲けに変える日本企業の強みとは
3)日本の製造業の成功要因

2.技術マーケティング戦略の基本コンセプト

1)そもそも技術とは何か?
2)進化・発展しますます複雑化する技術〜技術の進化・発展の法則
3)技術と顧客、産業、社会との関係
4)技術マーケティングの定義と役割、全体像
5)技術とマーケティングの変化を踏まえた技術マーケティング戦略の狙いとは
6)技術マーケティング戦略の3つの要素とは

3.仮説企画検証によるリーンな技術マーケティング戦略企画の重要性

1)技術開発や新事業開発で“成功する人”“失敗する人”
2)仮説企画検証型の「リーンスタートアップ」での企画開発
3)技術マーケティング戦略における仮説企画検証とは
■ケーススタディ:ゴアテックスの技術ブランド戦略

4.技術マーケティング戦略の進め方

ステップ1:戦略仮説とプロジェクトの与件設定
ステップ2:マクロトレンド分析、4階層分析
ステップ3:技術・スキル拡張軸の設定
ステップ4:顧客ベネフィット拡張軸の設定
ステップ5:事業ドメインマップの作成
ステップ6:有望市場調査とターゲット市場の絞り込み
ステップ7:ターゲット市場の調査分析
ステップ8:ターゲット顧客への提案、コミュニケーションの実施
ステップ9:競合ベンチマーキング分析
ステップ10:あるべき姿の構想と成功要因分析
ステップ11:「技術マーケティング戦略構想書」の作成
■ケーススタディ:シマノの技術アーキテクチャー戦略

5.技術マーケティング戦略モデル

1)技術マーケティング戦略を支える重要な2つの個別戦略とは
2)技術マーケティング戦略を成功させる人材の選び方、組織の作り方
3)成功に導くブレークスループロジェクトの進め方

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(東京 飯田橋 徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600円(税込)昼食をご用意いたします
セミナーNo. 0912273

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top