営業センスの育て方 セミナー

人材育成

営業力強化(消費財)

営業力強化(生産財・産業財)

~顧客の課題に気づく営業はどう育つのか~

営業現場で、「営業センスがある」とか「営業センスがない」という話をよく聞きます。「営業センスがあるから、結果が出ている」というように結果を出す要因として用いられる一方、「センスが無いから仕方がない」という一言で終わってしまう使われ方もしています。 そもそも「営業センスとはなにか」、「どうすれば営業センスを身につけることが出来るのか」を新たな視点からの問題提議や事例を用いて解説いたします。
さまざまな研修を実施しているけどなかなか成果が出ない。
成功事例を集めてもなかなか横展開できない。
などのお悩みを抱えている方に是非聞いて頂きたいセミナーです。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 安斎 勇樹
所属 東京大学大学院 情報学環特任助教
略歴 東京大学工学部卒業。 東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。博士(学際情報学)。
産学連携プロジェクトに取り組みながら、ワークショップの実践と評価の方法について研究している。
主な著書に『ワークショップデザイン論-創ることで学ぶ』(共著・慶応義塾大学出版会)、『協創の場のデザイン-ワークショップで企業と地域が変わる』(藝術学舎)がある。

セミナー概要

1.従来型教育の限界を考える

1)なぜ行動や意識を変えるために知識やスキルを教えるのか
2)優秀なマネジャーはわからないことがわからない
  ・現場任せのOJTでは人は育たない?
3)カリキュラム思考からの脱却
4)営業センスは教えられないのか?

2.優秀な営業担当者が持つ営業センスとは

1)営業におけるセンスとは、「顧客の課題に気づく力」
  ・ヒアリングから顧客の課題に気づく
  ・自社商品・サービスの強みから解決できる課題を逆算する
  ・顧客の課題そのものを設定し直す
2)優秀な営業担当者の気づきの力、センスの構造
3)本人も言葉にできない暗黙知のメカニズム

3.一般的な営業担当者に営業センスを持たせるには

1)優秀者の暗黙知を明らかにする
2)優秀者の属人的な要素(特殊能力)を排除する
3)パターン・ランゲージを活用し暗黙知を共有可能にする
4)ルーブリックを作成し、現場で教えられるようにする
5)ワークショップを人材育成に応用し活用を支援する
6)営業センスを伸ばす職場環境をつくる
  【実習】リサーチ手法の体験演習

4.まとめ

開催日時 2017年10月26日(木)13:30-17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 0914126

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top