ID-POSデータをもとに顧客視点でカテゴリー活性化

ブランド育成 提案営業塾 2017

─第2期─

営業力強化(消費財)

【消費財メーカー・卸様向け】 実務家による営業力強化プログラム
カテゴリーの活性化・ブランド育成プランを顧客視点から考え構築する、実践型学習の場をご提供いたします。本講座は消費財メーカー・卸様による、データを活用した「ブランド育成型営業」の定着を目指しております。


小売業のパネルデータ(ID-POSデータ)を活用し、提案シナリオを作成。実際に小売業(サンキュードラッグ様)へ提案し、フィードバックを受けることで一連のプロセスを体得していただくことが可能です。

第1期は食品・日用雑貨・化粧品メーカー様、卸売業様等よりご参加をいただきました。ご好評につき、第2期のお申込みを開始いたしました。
皆様のご参加をお待ちしております。




■開催日程■
【第1回】10月4日(水)
【第2回】11月8日(水)
【研究会】11月9日(木)※任意参加
【第3回】12月6日(水)
【第4回】1月24日(水)
【第5回】2月21日(水)
【第6回】3月20日(火)


より詳細な内容はこちらよりご覧ください。
■ブランド育成 提案営業塾2017 第2期


講師紹介

講師紹介

講師名 平野 健二
所属 Segment of One & Only株式会社 代表取締役社長
株式会社サンキュードラッグ 代表取締役社長
略歴 業界随一の理論派の経営者として、ドラッグストア経営に科学的手法を導入し、リピート需要を喚起する「潜在需要発掘研究会」を2007年より開催。 同研究会では、 ID-POSを売上につなげる店頭実験を数多く実践し(200事例以上)、メーカー及び卸売業のマーケティング手法の開発に大きな貢献を果たしながら、小売業のマーケティングモデルの開発にも取り組んでいる。

講師紹介

講師名 奥島 晶子
所属 Segment of One & Only株式会社 取締役副社長
ジェイビートゥビー株式会社 代表取締役社長
略歴 2001年3月JBtoB代表取締役社長に就任。日本におけるID-POS分析については、大企業から中小企業に至るまで広範囲に渡っての経験を持つ第一人者であり、小売業とメーカー・卸売業をつなぐ協働型ビジネスモデルの推進に努める。

講師紹介

講師 谷 雅之
所属 オフィス イオニックマネジメント 代表
(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
略歴 (一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
大学卒業後、大手日用雑貨メーカーに入社。
営業部門12年、マーケティング部門8年を経て、全社ビジネスモデル革新プロジェクトに参画。営業スタイル革新にあたり、新たな営業支援機能の必要性を当時の経営陣に直接提案し新部署設立に成功。
コーチングをベースに独自の手法で「職場作り」に挑戦。新設した部署は営業革新とその定着化に貢献するとともに、社内で「働いてみたい職場」として人気となる。

セミナー概要

1.お客様・ショッパー視点の提案とは何か? :担当 平野・奥島・谷

〜お客様・ショッパー視点のマーケティング力を身につける〜

【お客様が感じる価値を考える】

・小売環境の変化と小売業のマーケティングの今
・その商品の価値を考える
・売場に来ているお客様の課題を知ることとは
・ターゲットは「ある状態にある個」?

【ID-POSマーケティング基本のキ】

・ID-POSとPOSの違い
・お客様の「買っていない」がわかる?ID-POS
・ID-POSを活用した提案の重要性

2.ID-POSの活用方法 :担当 平野・奥島・谷

〜売場やツールの考え方&ID-POS入門 〜

・価値伝達手段としての売場の考え方
・店頭施策のあるべき姿
・店内ツールやデジタルマーケティングの効果的な活用法

・ID-POSでまず最初にみていくこと
・カテゴリーの課題をID-POSで発見する

<発表:商品価値伝達プレゼンテーション>

研究会:サンキュードラッグ様主催「潜在需要発掘研究会」

〜実際に小売業とメーカー間で実施されている取り組みを体感する〜

●潜在需要発掘研究会とは?

メーカーおよび卸売業、各70社の会員からなるID-POSデータや
分析ツールを駆使し、お客様の潜在需要を発掘するために
施策を提案をし合う研究会です。
本研究会にプログラムの一環として参加いたします。
(本研究会への参加は任意です。 )

3.ID-POSの分析の視点を知る :担当:奥島・谷

〜実際のID-POSデータを見て考察する〜

・何を知るのが顧客データ分析か?
「買上率」「リピート率」「併買率」「併買リフト値」等
・分析の正しい手順派因数分解
・「買い手」を主語にした仮説作り
・データからお客様をプロファイリングする

【ワークショップ】

・全体分析→カテゴリー分析→顧客ニーズ発見
・価値と顧客の創造(仮説作り)

4.ID-POS分析 実践 :担当 奥島・谷

〜データからカテゴリーとブランドの課題を考える〜

・提案にむけて、更にID-POSデータを深掘りしていく
・ターゲットのプロファイリング
・○○と○○の併買リフト値・併売率が高いのお客様はどんな課題を持っている?
・価値伝達手段の検討
・売場での伝達手法やデジタルツール等での伝達

5.提案ストーリー・提案書の作り方 :担当:谷

〜施策提案に向けた提案ストーリー・提案書をつくる〜

・現状をどう分析するのか?
・ターゲットは誰か?
・創造する価値は何か?
・店頭で伝えるメッセージは?
 ターゲットにどのような行動をとってもらいたい施策?

【中間発表】

6.施策提案とフィードバック :担当:平野・奥島・谷

〜実際にサンキュードラッグ様にカテゴリー活性化提案を実施!〜

・参加者との質疑
・サンキュードラッグ様からのフィードバック
・講師陣からのフィードバック
・自身で提案の振り返りをしてみる
・自社内での活用のポイント

開催日時 2017年10月4日から開催(開催日程は上記をご確認ください)
各回とも9:30~16:30 ※昼食をご用意いたします。
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(東京 飯田橋駅 徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 参加費用 500,000円(税別)
9/8までのお申込みは450,000円(税別)
2名様以上で1名様400,000円となります
ご案内PDF ブランド育成 提案営業塾2017 ご案内(PDF)

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top