商品開発脳のつくり方

~マンネリを抜け出し、飛躍するアイデアを生み出す~

マーケティング

商品開発に関わりながら、なかなか独創的なアイデアを発想できないという話をよく耳にします。本研修では、マンネリしている考え方や視点から抜け出し、飛躍するアイデアを生む考え方や手法を解説し、ワークショップを通じて思考を企画化するまでを学んで頂きます。

マンネリを打破し、創造的アイデアを生み出す絶好の機会です。

これまのやり方に限界を感じている、新しいやり方を模索しているという方に是非ご参加いただきたい内容です。

皆様のご参加をお待ちしております。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 安斎 勇樹
所属 東京大学大学院 情報学環特任助教
略歴 1985年生まれ。東京都出身。
NPO法人EduceTechnologies理事。
東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。博士(学際情報学)。
産学連携プロジェクトに取り組みながら、ワークショップの実践と評価の方法について研究している。
主な著書に『ワークショップデザイン論-創ることで学ぶ』(共著・慶応義塾大学出版会)、『協創の場のデザイン-ワークショップで企業と地域が変わる』(藝術学舎)がある。

セミナー概要

1.なぜ新しいアイデアが生まれないのか

 ・商品開発のテーマ設定の困難さ
 ・なぜブレインストーミングがうまくいかないのか
 ・ニーズ主導のアプローチの特徴と課題
 ・シーズ主導のアプローチの特徴と課題
 ・意味のイノベーションを起こす方法

2.マンネリを打破する商品開発の発想法

 ・意味と仕様を往復する
 ・カテゴリーレベルで発想する
 ・行動・文脈レベルで発想する
 ・批判的に問いをデザインする
 ・アナロジーを活用する
 ・アナロジーのメカニズム

3.商品開発アイデア発想の実践

 ・アイデア発想ワークショップの事例
 ・アナロジーの活用事例
 ・発想法を体験するミニワークショップ
 ・アナロジカルシンキングを身につけるトレーニング

4.まとめ

開催日時 2017年9月22日(金) 13:30-17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)
セミナーNo. 0914118

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top