人事教育、営業教育・技術教育など専門教育研修担当者 必須!

教育体系・人材育成計画 構築・見直しのポイント

~成果向上に向けた人的資源活性化、組織体力の強化~

人材育成

【参加のお勧め】

 この講座では、人事や営業企画、技術、サービス部門など、社員教育、人材育成を担当する方々に対して、「そもそも教育とはどの様なものなのか?」という教育に関する原理・原則から始まり、社員を教育・育成するにあたって重要となる「教育体系」、「人材育成計画」の作り方や見直しの仕方の他、実際の教育施策や研修への落とし込みと、その実施に至るまでの実践面で必要となる基本的な知識や手法について、ショート演習を交えながら実践的に学んでいただきます。


■今回セミナーに参加されない方も

このセミナーテーマに関する個別企業内での「セミナー」や「勉強会」の企画、開催のご相談も受け賜りしております。
また、貴社の「教育体系」や「人材育成計画」の策定、「教育研修プログラム」の企画・運営のに関するご相談やお問合わせについても別途個別にご対応させて頂いております。詳しくは下記までお問合わせ下さい。

マーケティング研究協会「教育体系・人材育成計画セミナー」企画担当 後藤
 (tel:03-5227-5711 又は、こちらよりお問い合わせください


講師紹介

講師紹介

濱田 秀彦講師

講師名 濱田 秀彦
所属 ヒューマンテック 代表
略歴 1983年に早稲田大学教育学部を卒業し、大手住宅メーカーグループ会社に入社。営業職にて優秀な成績を収め、最年少で支店長に就任。その後、人材開発系コンサルティング会社に転じ、営業部門にてトップセールスを記録。経営企画、システムソリューション部門のマネージャーを歴任し独立。現在、ヒューマン テックの代表としてマネジメントや部下指導、ビジネスコミニュケーションのテーマを中心に教育研修や教材開発、WEBサイトのプロデュース等、幅広く活躍中。
 著書:「ビジネス快話力」(主婦と生活社)、「みんなのパワーポイント 企画・構成・話し方」(エクスナレッジ)、「主任・係長の教科書」(光文社)、「あなたが上司から求められているシンプルな50のこと」、「あなたが部下から求められているシリアスな50のこと」(実務教育出版)、「なぜか評価される人の仕事の習慣」(中経出版)、「上司の言い分 部下の言い分」(角川SSC新書)、「上司に話が通じないと思ったときに読む本」(かんき出版)、「上司のタテマエと本音」(SBクリエイティブ)、「仕事ができる人の逆転ワザ42」、「どんな人とも!仕事をスムーズに動かす5つのコツ」(すばる舎リンケージ)、等

講師詳細

セミナー概要

1.近年の企業環境、職場環境と人材育成の課題

・社会環境、産業構造が複雑化、多様化する中での人的資源の位置づけ
・景気低迷、少子化(逆ピラミッド化)、世代間ギャップ拡大の日本における社員教育の重要性
・部門や立場により異なる人材育成の認識と定義
・人事部門内での人材育成・教育の位置づけ(採用、配属、制度との関連・対比)
・情報化の進行によるOJT機能の低下、コミュニケーション能力の低下
・部下の育て方を知らない管理者、チューター、メンター
・「ゆとり世代」指導の難しさ

2.人材育成の基本フレーム

・そもそも「人が育つ」とはどうなることか
・社員教育の3本柱(OJT、Off-JT、自己啓発)
・OJTで出来ること、出来ないこと
・教育原理の3原則(計画的、継続的、意図的)
・目標管理など人事制度、人事考課と人材育成のリンク

3.人材育成と教育体系

・各階層に求められる一般的能力要件
・人事制度と深い関わりを持つ年代別の教育テーマ
・「階層別教育」と営業教育・技術教育など「専門教育」の違いと棲み分け
~人事でやるべき教育と各部門でやるべき教育~
・「目標分析」と「部門交渉」で進める専門教育の設計
・中途入社者への対応
・OJTを担う管理者、チューター、メンターへの教育の仕組み

4.教育体系の作り方

・教育体系の原則
・教育体系作りのフロー
【演習】教育体系の概要設計
・教育体系から人材育成計画への展開

5.「教育体系」「人材育成計画から「研修プログラム」への展開

・研修プログラムの構成要素
・3つの指導方法と適性(ティーチング、トレーニング、コーチング)
・各種教育技法の活用方法
(ケーススタディ、グループ討議、ゲームトレーニング、ロールプレイング、等)
・「e-ラーニング」活用のポイントと限界
・研修を計画する上での情報源
・ 決裁を通す上で最も重要な項目は何か
【演習】「研修企画書」の作成

6.教育研修の企画・運用のポイント

・予算と優先順位
・研修実現の障害と対策
・効果測定の方法
・「指名式」、「希望者募集方式」それぞれのメリット、デメリット

7.これからの人材育成スタッフの要件と役割

・人材育成スタッフに求められる経営的視点
・プロデューサー」としての側面
・「マーケッター」としての側面
・「ディレクター、ネゴーシエーター」としての側面
・人事制度との連携の進め方

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 45,000円+消費税3,600円 合計48,600 円 (昼食をご用意いたします)
セミナーNo. 1016093

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top