今さら聞けない!旧薬事法・景品表示法・健康増進法

食品関連法規と法令違反表現の徹底分析セミナー

”伝えにくいコトバ”を表現するテクニック

営業力強化(消費財)

販促表現の何がNGで何がOK?

機能性食品の表示の動向は?



「健康食品に対する監視規制が厳しくなっているのでは?」という声がささやかれる昨今、食品業界、特に健康食品や機能性表示食品を持つ企業の多くは、コンプライサンス厳守でありながらも消費者に響く広告を模索し続けていることと思います。

販促表現については明確なガイドラインもないまま、あくまで「企業責任で」という対応の中、この一年余り、有名企業の製品に相次いで措置命令が出されています。
更には、昨年の4月から導入された「課徴金制度」。制度が始まったことは知っていても、具体的に制度の内容についてはまだまだよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

このように、法規制は刻々と変化し続け、規制緩和どころか、むしろ厳しい方向へと向かっています。これらに伴い、医薬品医療機器等法(旧薬事法)、景品表示法などの広告表現規制を十分に理解しておらず、行政処分や罰金、逮捕にまで至るという残念な実態も後を絶ちません。

本セミナーでは、旧薬事法や景品表示法を正しく理解した上で、法令を遵守し、かつ訴求力のある「広告表現」の構築をするためにはどうしたら良いのかを、豊富な事例や昨今のトレンドを交えながら解説していきます。


講師紹介

講師紹介

講師名 吉野 りか
所属 株式会社ホリスティックミル 代表取締役
略歴 カネボウ化粧品研究職を経て、商品開発職を希望して転職。 スキンケア、メイクアップ、ヘアケア、バス&ボディ、サプリメント(健康食品)などあらゆる分野の食品開発に携わり、多くのブランドと商品を、複数の企業に在籍しながら世に出す。 その後、株式会社ホリスティックミルを設立し、薬事法および景品表示法を理解するための社員教育や広告表現に関する指導、添削や商品企画・開発コンサルティングに従事している。 東京理科大学大学院薬学研究科修了。薬剤師

セミナー概要

1.販促表現・POP・LP(ランディングページ)に関連する法規の整理

   ◆食品の位置づけ
    特定保健用食品・栄養機能食品・機能性表示食品・
    いわゆる健康食品・あきらか食品
   ◆広告表現と関連法規の関係整理
    医薬品医療機器等法(旧薬事法)・景品表示法・健康増進法
   ◆今さら聞けない課徴金制度

2.健康食品に関する最近の規制動向

   ◆3年目に突入した機能性表示食品制度の課題と広告表現
   ◆措置命令事案の研究
   ◆今後注目される新食品カテゴリーと訴求表現
     糖質オフ・低GI食品・ヴィーガン食

3.何がNGで、何がOK?よくある“NG表現/回避表現” 最新事例

  広告媒体別(POP・HP…)/法律区分別(旧薬事法・景品表示法…)
   商品カテゴリー別(健康食品・機能性食品…)/データの活用方法… 
   ex.・「記憶の精度を高める」この表現OK? 
     ・皮膚の保湿機能改善結果のグラフ掲載はOK?
     ・「個人の感想です」は、通用しない!

4.まとめ

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 39,960円(税込)
セミナーNo. 0313078

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top