計数管理をビジネスチャンスに変える!

決算書から読み解く小売業への提案のポイントセミナー

スーパーマーケット、GMS

営業力強化(消費財)

誰でも手に入れられる情報"で得意先を深く知る方法


メーカーや卸の営業担当者が提案時において、決算書などの数字の活用は得意先小売業の課題を把握し、内容の根拠や納得性を高めるのに非常に有効です。得意先小売業が上場企業であれば公開情報、また非上場企業であっても信用調査会社等から財務情報を入手し、何らかの形で活動や提案に活かそうと模索している企業や担当者も少なくないでしょう。

しかしながら、入手した決算書には様々な項目や情報が記載され、どこに注目すればいいのか、まだどのように活用すればいいのか、要点がつかみにくく、営業活動や提案に結び付けるのが難しいと感じている方も多いようです。

さらに、スーパーマーケット業界独特の財務構造がさらなる難しさに拍車をかけているのが実情です。

本セミナーでは、スーパーマーケット業における決算書の活用ポイントを説明し、営業活動・提案時に役立つヒントを提供します。また、決算書から入手できる計数から、SM/GMSの業態間の比較や各チェーンの戦略の違いなど傾向についても把握できる内容となっております。18年春夏提案の準備として是非ご活用ください。


講師紹介

講師紹介

講師 榎本 博之
所属 アズライト代表取締役 中小企業診断士
略歴 昭和47年東京都墨田区生まれ。経営コンサルタント事務所アズライト代表。平成7年中央大学商学部を卒業後、食品スーパー株式会社ライフコーポレーションに入社。青果部門を担当。平成13年中小企業診断士登録と同時に独立開業。食品スーパーを始め、小売業・サービス業の売り場づくり、販売革新のアドバイスをおこなっている 。特に、食品スーパーや酒類業における店頭改善や販売促進など、その場での対応が必要とされる分野を得意とする。
日経MJ、商業界などに連載記事を持つ。

セミナー概要

1.決算書から見るGMS・スーパーマーケットの動き

    ・好調と言われる食品スーパー(SM)の要因とは?
    ・なぜ、GMS業態は低収益に陥ったのか?
    ・イオン vs IYの今後は?
    ・同業他社が注視しているスーパーとその理由
    ・決算書から見る今後の業界地図と覇権争い

2.SMの収益構造・財務構造を解く

    ●損益計算書(P/L)のチェックポイント
     ・売上高の構成要素→モノ売りだけではないSMの収入源
     ・何に重点を置いてコストをかけているのか?~販管費の支出項目
     ・営業外収支のバランス

    ●貸借対照表(B/S)のチェックポイント
      【資産の部】どのようにお金を使っているか?
      【負債の部】どのようにお金を集めているか?
        ~財務バランスを見る重要ポイント
      【純資産の部】利益と蓄えはできているか?
        ~各企業の地力と競争力を見る

    ●キャッシュフロー計算書のチェックポイント
     ・お金の流れから相手の戦略をつかむ
        ~競争力の源泉をどこと見ている?

3.簡単にできる決算書活用方法

    ・決算書のどこを見ればいい?まずは一目でチェック!
    ・チェックする際のポイント
    ・決算書から経営状況を把握する~財務分析の基礎~
    ・補助資料を活用する

4.【ケーススタディ】

  付加価値向上型とディスカウント型の財務分析

5.まとめ

  営業活動・提案に活かす際のポイント

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 37,000円+消費税2,960円・・・合計39,960円
セミナーNo. 0713079

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top