事例でわかる!実践で使える!

BtoB営業を強化する新発想・新手法

営業力強化(生産財・産業財)

効率的に引き合いを獲得し受注に結びつけるマーケティングの使い方


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 岡本 充智
所属 株式会社パワー・インタラクティブ 代表取締役
略歴 京都工芸繊維大学卒業後、アシックス入社。マーケティング本部にて商品開発を担当。その後新ブランド立上げに際して新規市場開拓に従事する。商品企画・生産部門と支店営業部門の連携に苦心し、組織的なマーケティング展開を実現する。 その後、住友ビジネスコンサルティングに転じて、社内にマーケティング機能を根付かせることを目的としたコンサルティングに携わる。現在はパワー・インタラクティブにてインターネット活用による現場の営業力強化及び新規市場開拓に重点を置いた実践的なコンサルティングと研修を行っている。千葉大学大学院・流通科学大学大学院非常勤講師。


セミナー概要

1. BtoB営業におけるマーケティングに対する誤解

1) 本社・本部がやることで現場には関係ない
2) 理屈をこねているだけで実戦では使えない
3) BtoC業界の手法でBtoB業界には必要ない

2. 営業がマーケティングという武器を纏ったとき会社は変わる

1) 営業の現場でブチ当たるカベをどのように乗り越えるか?
2) 営業とマーケティングは視点は異なるが最終目標は同じ
3) 営業とマーケティングのプロセスを連携させることによる効果
4) 「未取引企業からの引合獲得」と「既存顧客との関係強化」を両立させる

3. BtoB営業におけるマーケティング活用の実際

1) 営業が知っておくべき“マーケティング”とは
 ~じょうろの理論で理解するマーケティングの使い方
2) 営業プロセスにおいてマーケティングが活用できる範囲とポイント
 ~「引合→提案→受注」の課題とその克服策
3) マーケティングを活用した顧客の捉え方とは?
 ~顧客の捉え方変えるとプロセスとアクションが変わる
4) 引き合いを効率的に獲得するためのマーケティング活用
 ~見えない顧客・案件の獲得にかけるエネルギーコストの削減
5) 営業が見切った顧客に対するフォローの仕方
 ~顧客を資産として捉えることでチャンスを逃さない
6) 営業を元気づける財務成果と中間指標の設定
 ~ 売上・利益という最終成果だけではないモチベーションの高め方

4. マーケティングツールを取り入れると効果は倍増する

1) 使われ始めた「マーケティングオートメーション」という武器
2) 見込み客を育てる「リードナーチャリング」という発想
3) 顧客への対応をすべて営業担当者に任せないことがポイント

5. まとめ ~BtoB営業を強化するためにやるべきことはまだまだある

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 45,000円+消費税3,600円 … 合計 48,600円 昼食代含む
セミナーNo. 0912270

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top