AI×マーケティング活用の最前線2017

マーケティング

営業力強化(消費財)

aimarketing.jpg


AI (Artificial Intelligence)。
目にしない日がないくらい、昨今、ビジネス変革のキーワードとして取り上げられています。

 ・CVSチェーンが受発注にAIを活用し収益性がUP
 ・化粧品メーカーがAIを活用し、新規顧客を獲得
 ・通販サイトがFAQにAIを活用し、生産性とCSが向上
 ・POS等、ビッグデータの分析効率化

等、2017年はマーケティング・販売促進・営業等の仕組みにAIが取り込まれ、いよいよ実績が目に見えてくる年といわれています。


本セミナーでは「そもそもAIってナニ?」「どんな仕組みのものなの?」という基本的な知識から、マーケティングや販売促進、営業活動、お客様対応での活用策、自社で導入する際のマイルストーンの考え方まで、2017年9月時点での最新事例を盛り込み、お伝えいたします!!


すでにさまざまな分野のでのAIの導入や、企業様でのAI研修なども数多く実施する西原氏を講師に、AIのスガタをわかりやすく皆様にお伝えいたします。



講師紹介

講師紹介

講師名 西原 中也
所属 株式会社アイアクト取締役COO
兼 人工知能・コグニティブソリューション担当
略歴 2001年アイアクト入社。前職・編集の情報整理力とシステムの知見を活かし、ニュースサイト運用から大規模なシステム構築など幅広くWebとシステムの制作を行う。2016年4月から実質2カ月強にてWatson搭載の会話ロボットを製造。以降、Watson、人工知能、ロボットの責任者として、事業開発に携わる。人工知能学会 会員。東京大学中退。

セミナー概要

1.最近、AIが盛り上がっているホントの理由

~そもそもAIって何ができる?~

 ・第3次?AIブームはなぜ来てる?
 ・数学なしでAIを理解する
 ・AIはこのパターンで理解すれば、自社で使える想像がつく
 ・Watsonを使ってAIのパワーを見てみよう
 ・すぐに結果を体感できるWatsonでよりAIを理解しよう

2.マーケティングや販売促進・営業活動などに効くAI

~AI活用の最前線を“とれたて”の事例で解説します~
※事例は9月までに変更・整理が入ります

 ・金融:保険金審査を自動化
 ・ECサイト:お客様窓口のチャットボット化で入電数減
 ・商品開発・マーケティング:小売店のLINEボット
 ・小売業:POSデータとオープンデータで「需要予測・受発注」を自動化
 ・販売促進 :接客チャットアプリで新規顧客層獲得

それぞれに活用されている簡単なAIのテクノロジーをご説明しますので、より事例の理解が促進されます。  

3.AIを自社に取り入れるまでの考え方とステップ

 ・技術と事例を再整理でAI導入のポイントを知ろう
 ・自社のビジネスにあったAIの種類とは

4.まとめ

 ・これからますます進んでいくAI活用の将来とは?

開催日時 2017年9月4日(月)13:00~17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 39,960円(37,000円+消費税2,960円)テキスト代、飲料代を含みます
セミナーNo. 0913077

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top