実践的地域戦略理論に基づく

北海道市場のエリアマーケティング

~「道央・道東・道北・道南」市場の地域特性と攻略のポイント~

マーケティング

北海道を4つの商圏に細分化し、商圏別の攻略手順を解説。 北海道民、道産子の道民性や、「よそ者」的・「うち者」的な地域、「アンチ札幌圏」、シェアを上げやすい地域の攻略戦略などについて詳説します。



■8月より各地域にて「エリアマーケティング戦略セミナー」を開催いたします■
詳細はパンフレットにてご案内しております。
こちらよりご覧ください。


講師紹介

講師紹介

講師名 矢野 新一(やの しんいち)
所属 No.1 戦略研究所 所長
マーケティング研究協会 顧問
略歴 (株)マーケティングセンターを経て、(株)ランチェスターシステムズに入社、昭和60年1月に独立して、(株)ランチェスター戦略研究所を設立。
平成2年12月(株)No.1戦略研究所を設立し、現在に至る。
故田岡信夫氏の戦略理論を第一線の実務ベースに応用した実績は大きく、ランチェスター戦略研究の第一人者として活躍中。特に地域戦略に関しての理論やその指導法には定評がある。

主著:「ランチェスター戦略の教科書」、「マンガでわかるランチェスター戦略」、「マンガでわかる『孫子の兵法』に学ぶビジネス戦略」、「都道府県別ヒット商品の法則」、「県民性は7392通り」、他多数。

講師詳細

セミナー概要

1.北海道市場をとらえるポイント

  1)北海道市場の現状と全国における位置づけ
  2)北海道市場の分け方とは
  3)北海道市場のむずかしさとは
    1.市場特性
     ・広域市場  ・札幌中心市場  ・「1/2市場」、等
    2.道民性と消費購買特性
     ・離婚率4位  ・ワイン5位、ウィスキー5位
     ・コンビニでおにぎりを温める ・カリスマ店員撃沈のワケ等
     ・相性がいいのは秋田、東京、神奈川、沖縄出身者
  4)北海道市場の現状と今後の展望
    1.北海道の5年後の人口は?
    2.札幌求心性はいつまで続くのか?
    3.旭川の発展の可能性は?

2.北海道市場の地域戦略の進め方

  1)北海道市場の細分化のしかた(ブロックとエリア)
  2)ブロックの特性
  3)ブロック別攻略手順
    1.道東市場…重要なのは帯広
    2.道北市場…戦略的重要拠点は旭川
    3.道南市場…函館はテストマーケット地区
    4.道央市場…札幌包囲作戦とは

3.北海道市場の攻略の手順

   1)どこから攻めるべきか
   2)戦略的重要拠点はどこか
   3)北海道市場の攻略ステップ
   4)札幌と港町、内陸部攻略の注意点
   5)戦術上の留意点とは

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 ホテルモントレエーデルホフ札幌  アクセスマップ
受講料 37,000円+消費税2,960 合計39,960円
セミナーNo. 0912262

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top