誰でも上手に伝えられる!

企画書、提案書、プレゼン資料の作り方 セミナー

人材育成

〜 「わかりやすい」、「使いやすい」、「伝わりやすい」資料作成の極意〜

◆参加のおすすめ◆

企画書や提案書について、「資料は自分が作るが、プレゼンは上司や営業など、別の人に託す」というケースをよく聞きます。
「人から人に伝えてもらう」資料の作成に当たっては、「伝える人がわかりやすく、人に伝えやすい」ことが何よりも重要となります。

この講座では、企画書や提案書、プレゼン資料を、出来るだけ多くの人に「見て」もらい、「使って」もらい、「伝えて」もらえる様にするための資料作成のテクニックを理論や事例、ショート演習を交えながら楽しく学びます。

※この講座は「テキスト資料」と「プロジェクターを使った講師によるデモンストレーション」をご覧頂きながらの解説を中心に進めて参ります。「操作実習」はございませんのでパソコンのご持参は不要です。


講師紹介

講師紹介

matsuda.jpg

講師名 松田 洋祐
所属 松田OD研究事務所 代表
マーケティング研究協会 顧問
略歴 横浜市立大学物理課程を卒業。建設コンサルティング企業の構造系エンジニア、技術提案スタッフ、独立系SI企業の営業戦略スタッフを経て、マーケティング研究協会に入社。民間企業や公共団体の人材育成、組織開発、CS、営業、マーケティングに関する企画提案、講師、コンサルティングに従事する。2011年に独立し現職。主に企画書・提案書作成、プレゼンテーション、コミュニケーション、組織活性化、モチベーション向上などのテーマでの研修・指導や、企画書・提案書作成支援・代行などで精力的に活躍中。 (社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント。



セミナー概要

1. 伝わる「企画書、提案書、プレゼン資料」作成の基本

 1) 読み手の理解を促す3つの要素
 2) ひとの認知メカニズムを押さえる
 3) 優れた「作り手」「伝え手」が見据えている2つのゴール
 4) 資料を、意図的に“一人歩き”させる必修ポイント

2.「伝えやすい」「伝わりやすい」資料とは?

 1) あなたの役割は「資料作成のみ」か? 「自分でプレゼンもする」か?
 2) 皆に使ってもらえる「上手く伝えられる資料」とは?
 3) 資料の「作り手」、「伝え手」、「受け手」を見据える
 4) プレゼン「する立場」、「される立場」を想定して中身を作り込む
 5) プレゼンする人を「説明したい気」にさえる“ツボ”はあるか?

3. 「わかりやすい」「伝えやすい」資料のストーリーの組み立て方

 1) 読み手にとって「わかりやすい!」と感じる展開とは?
 2) 基本は「解決提案」のストーリーパターン
 3) 「解決提案」にあてはまらない場合の構成パターン
 4) 本論の編成はタテ・ヨコの構造で見極める
 5) 一単元、1スライドごとに展開する基本セオリー
 6)「伝え手」から「受け手」に共鳴させるベネフィット表現術
  【ケース演習】 「ありがちな資料」と「分かりやすい資料」で比較する

4. 相手の理解を飛躍的に高めるスライド作成技術

 1) 「ズバッと伝わる」タイトルのつけ方&本文の読ませ方
 2) 視線を惹きつけるレイアウトの7つの技術
 3) 理解を促し、記憶に残るチャート・図解化のテクニック
 4) 「センスいいね!」と感じられるカラーリングの3大原則
  【ケース演習】 見違えるほど変わるビジュアル表現の実践

5. 誰にでも読んでもらえる様にシンプルに枚数を抑える方法

 1) 1枚に完結させる資料に求められるポイントとは?
 2) 誰にでも簡単に使える!便利な3つの構成パターン
 3) シンプルに考えればすぐに描ける構図と展開の基本
 4) タテ型とヨコ型、どちらが読みやすいか?
 5) スッキリした印象を与えるビジュアルの要件
  【ケース演習】「ありがちな1枚資料vs読みたくなる1枚資料」

6. 資料の作成時間を短縮する超スピード・テクニック

 1) ページ構成を瞬時に作り上げる手法
 2) PowerPointの早ワザ・裏ワザテクニック
 3) PowerPointの旧バージョンで慣れ親しんだ「アイコン操作」を活用する
   クイックアクセスツールバーの設定法
 4) 人が作った資料や既存のスライドを転用する際の裏技
  【図解演習】 見栄えのする図解をスピーディにつくる

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600円(税込) テキスト代、昼食・飲料代を含みます
セミナーNo. 1105085

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top