商品企画・開発&マーケティング成功への総点検

マーケティング

本では絶対学べない、実践経験からの重要なエッセンスが満載!


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 高田 誠
所属 株式会社オーセンティクス代表
元P&GマーケティングPR・広報部長
略歴 1987年東京理科大学卒業、P&Gの商品開発として数々のブランドを機能・シーズ開発としてカバー。特に洗濯に「除菌」という概念をプロダクト側から導入した立役者でもある。また、多様化している消費者に対応するためのグローバルなプロジェクトに参画。マーケティングPR・広報部長として、マス広告とPR、インフルエンサーマーケティングとを連動させたホリスティック・マーケティングに取り組む。2010年同社を退職し、現在、株式会社オーセンティックス代表として、持続的にブランド育成ができる仕組みづくりを支援している。

セミナー概要

1.失敗しない商品企画・開発 こうすれば成功確率は飛躍的に高くなる

●メリットだけでなくリスクもある企画開発、目的があいまいだと社内の説得でつまずく
●「ちょい手直し」「その場しのぎ」の企画開発では定番維持も厳しくなる
●よくある問題 商品の良さとユーザーの選択基準
●重視するのは「既存コアユーザー維持」か「新規ユーザー獲得」か。その理由、根拠は?
●商品、パッケージ、価格、広告、販促など何を変え、何を変えないか、その基準は?
●ブランドをロングライフ化する選ぶ理由づくりと選ばれない理由の排除

2.多様化のスパイラルが止まらない!規模の論理とコスト、どう向き合うか

●多様化するニーズに合わせて、多様化であふれる商品。重要なことを総点検!
●具体例:ターゲットを明確にするとはどういうことか?
●セグメンテーションしたところ規模が小さくなってしまった!さて、どうする?
●売上を上げ、ブランドを伸ばす商品企画・開発とは
●商品開発の落とし穴。定石通りやったのに成功しない理由

3.アイデア~コンセプト~企画・開発~マーケティングの総点検

●成功確率の高い、説得力のある商品コンセプトを創りだすには 
●コンセプト開発の具体的手順、手法と決定基準は?
●消費者、ユーザー、ショッパーを理解する調査の基本
●成果に結びつく調査、ダメな調査はここで決まる
●深い顧客理解をビジネスにつなげる、競合優位を導くためのプロセス
●正しい結果を得る定量調査と手法の標準化
●「統計的検定」をしなければ、量的調査ではない!

4.失敗の許されないコアブランド・主力商品こそ「戦略的」マーケティングが重要

●タッチポイントと理想体験から考える商品企画・開発とは
●社内の「連携」が競争に勝つ、成功への決め手
●明日から使える商品企画・開発を成功に導く1枚のキーシート

5.まとめ・質疑応答

開催日時 2017年6月28日(水)13:00〜17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 42,000円(税込)
セミナーNo. 0614104

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top