なぁんだ そうか!多変量解析 セミナー

マーケティング

回帰分析 クラスター分析 因子分析 主成分分析

マーケティングの実務で「使える」分析手法に絞り込んでコンパクトにすっきり理解

こむずかしそうなイメージがつきまとう多変量解析ですが、「道具として何ができるのか?」という点に絞って学べば意外とすんなりポイントをつかむことができます。
しくみをざっくりとイメージで理解し、すぐに使えるようになっていただく講座です。


講師紹介

講師紹介

豊田 裕貴講師

講師名 豊田 裕貴(とよだ ゆうき)
所属 法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科 教授
略歴 1970年神奈川県生まれ。2003年法政大学大学院社会学研究科にて経営学博士(DBM)を取得。リサーチ会社、シンクタンクの研究員、多摩大学での教授職などを経て、2015年4月より現職。より実践的で実用的なマーケティング(とくにブランドマネジメントが専門)の研究・普及に努めている。
著書に、『マーケティングってそういうことだったの!?』(あさ出版)、『これ一冊で完璧!Excelでデータ分析即戦力講座』(秀和システムズ)、『Excelで学ぶビジネスデータ分析の基礎 ビジネス統計スペシャリスト・エクセル分析ベーシック対応』(オデッセイコミュニケーションズ)、『すぐやってみたくなる! データ分析がぐるっとわかる本』(すばる舎)、『ブランドポジショニングの理論と実践』(講談社)などがある。

講師詳細

セミナー概要

1)多変量解析の全体像を3つの分析手法群から整理しよう

 ・多変量解析は「関係」「分類」「縮約」の3種類
 ・3つの手法は、目線の違いで理解する
 【ケーススタディ】 KPIを特定する多変量解析

2)数値同士の関係性を知る ~ 関係性の分析 ~

 ・データで検証できる仮説とは何か
 ・影響の有無を判断する
  ~ 「影響する」と言いたいときと、「影響しない」と言いたいとき ~
 ・仮説の検証からモデル分析へ〈 回帰分析 〉入門
 ・変数の選択〈 重回帰分析 〉
 【事例解説】 売上を予測する、売上をカイゼンする

3)似たもの集めでグルーピングする ~ 分類の分析 ~

 ・〈 クラスター分析 〉入門 
 【事例解説】顧客をセグメンテーションする
 ・二つのクラスター分析 : 「階層型」と「K-means」

4)たくさんある変数をまとめて少なくする ~ 縮約の分析 ~

 ・〈 主成分分析・因子分析 〉入門
 ・既存のデータをまとめるときの使い方
 ・直接測定できないコンセプトを数値化する

5)手法を組み合わせるとどんなことが可能になるか

 ・3つの手法群を組み合わせた分析の手順
 【ケーススタディ】

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)テキスト代、飲料代を含みます
セミナーNo. 0611048

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top