「説明力」強化セミナー

〜 商談、提案、会議、報告等で内容を確実に伝える!! 効果的な伝達、表現の技術 〜

人材育成

【参加のお勧め】

「プレゼンテーション」や「商談・提案」、「会議・社内提案」等の場で「ある決まった内容や意図を相手に正しく伝える」本質的な能力が今、改めて強く求められています。

しかし、「プレゼンテーション」の講座は、「多数の聴衆」を前にして、プロジェクターで投影しながら行うスタイルを前提したものが多く、また「商談力強化」をうたったセミナー等は、「交渉技術」や「かけ引き」のテクニックを中心に内容組みされたものが大半で、本質的な「説明力」を中心にした講座ではありませんでした。

この『「説明力」強化セミナー』では、「商品」や「顧客に対する提案」、「社内での報告、会議での提案」などの資料や企画の内容を、目の前の相手に、主として言葉で伝える際の『説明する力』を向上させるテクニックと心構えを理論や事例、ショート演習を交えながら楽しく学びます。


講師紹介

講師紹介

濱田 秀彦講師

講師名 濱田 秀彦
所属 ヒューマンテック 代表
略歴 1983年に早稲田大学教育学部を卒業し、大手住宅メーカーグループ会社に入社。営業職にて優秀な成績を収め、最年少で支店長に就任。その後、人材開発系コンサルティング会社に転じ、営業部門にてトップセールスを記録。経営企画、システムソリューション部門のマネージャーを歴任し独立。現在、ヒューマン テックの代表としてマネジメントや部下指導、ビジネスコミニュケーションのテーマを中心に教育研修や教材開発、WEBサイトのプロデュース等、幅広く活躍中。
 著書:「課長のキホン」(河出書房新社)、「主任・係長の教科書」(光文社)、「新入社員ゼッタイ安心マニュアル」(河出書房)、「あなたが上司から求められているシンプルな50のこと」、「あなたが部下から求められているシリアスな50のこと」(実務教育出版)、「なぜか評価される人の仕事の習慣」(中経出版)、「上司の言い分 部下の言い分」(角川SSC新書)、「上司に話が通じないと思ったときに読む本」(かんき出版)、「ビジネス快話力」(主婦と生活社)、「みんなのパワーポイント 企画・構成・話し方」(エクスナレッジ)、等

講師詳細

セミナー概要

1.「説明力」とは

 1)伝える力ではなく、「伝わる力」
 2)最初の発想は自分本位でも構わない
 3)効果の分かれ目は「思いやりフィルター」

2.「伝わる」を阻むもの

 1)「良いものは自然に相手に受け入れられる」という思い込み
 2)「相手が聞きたい事」と「伝えたい事」のギャップ
 3)刷り込まれたフレーム 〜起承転結、時系列、三段論法 ...etc 〜
 4)「理由を完璧に固めれば説得できる」という誤解
 5)説明の「客観性」も、時には逆効果

3.「説明力」を高めるには

 1)エンロールの3つの法則に従う
 2)意外に重要な「シチュエーション(場面)」と「タイミング」
 3)話しをする際には「位置取り」も重要
 4)「アイコンタクト」で相手の感情は動く
 5)「I」視点と「YOU」視点ではメッセージの伝わり方は大違い
 6)時には「曖昧さ」や「特殊事情」も有効
 7)話す際の「構成の原則」
   【ショート演習】 話しの組み立てを考える

4.伝わる資料の作り方、使い方

 1)紙の資料は「綺麗」に「汚す」
 2)渡した資料を相手がペラペラとめくってしまったら
 3)小さな単元の中でも活かす構成の原則
 4)一番伝えたい事の配置パターン
   〜結論はどこに書けば一番伝わるのか?〜
 5)「3つのメリット」より「2つのメリットと1つの課題」
 6)説得の落としどころはメリットの算数で
 7)その場で書くフリーハンドは強力な武器
   【ショート演習】 誰でもできる、その場で書くライブ資料
 8)伝わる「A4一枚」資料作成のポイント(企画書、会議資料、報告書、等)

5.相手のタイプに合わせる説明・説得の“ツボ”

 1)説明者のタイプ別 陥りやすい“ワナ”
 2)相手のタイプにあわせた説明のポイント
 3)「納得ボタン」の位置は相手のタイプによって異なる

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 37,000円+消費税2,960 …合計39,960円 テキスト代、飲料代を含みます
セミナーNo. 1116084

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top