BRAND×DESIGN購買行動を加速させる販促の仕掛け方

販促の戦略と実践

「商品」が溢れ。「ショップ」も溢れ。「情報」も溢れ。そして、「口コミ」も溢れ・・・。
モノと情報の過多により消費者は「情報疲労」に陥り、購買行動を抑制を深刻化させています。このような状況下では、ブランドの価値や人間の心理を理解した上で
「いかに人間の感情を動かし、購買意欲を喚起させるか、その仕掛けをつくるか」が重要となってきます。では、その「仕掛け」をどう作っていくのか。そして、それをどうデザインに落とし込んだらよいのか。
ブランディング視点で販促計画立案のプロセスからデザイン表現までの具体的手法までを段階を追って、実践的かつ体系的に解説いたします。


講師紹介

講師紹介

講師名 小澤 歩
所属 有限会社グレイズ 代表取締役
略歴 広告制作会社、販促会社のグラフィックデザイナー・アートディレクターを経て、2002年に有限会社グレイズを設立。大手企業から中小企業、店舗までの広告販促やブランディングの企画制作を手がける。デザインに戦略やマーケティング理論を取り入れクライアントへ売上増などの成果を提供。また、制作会社・印刷会社へのデザイン価値や提案力を高めるブランディング導入コンサルティングも行うなど、活躍は多岐にわる。ブランディング・販促コンサルタントとして活躍する傍ら、企業内ワークショップや講演活動などにも精力的に活動。
●(財)ブランド・マネージャー認定協会/マスタートレーナー、カリキュラム編集委員
●(公社)日本印刷技術協会(JAGAT)講師/クロスメディアエキスパート

セミナー概要

1) 販売促進の本質の理解

・販売促進とは。本質の理解と種類、特性
・ブランディングと販促の関係性

2)ブランド価値×販促デザインの歯車

●ブランド価値とは
●時として、ブランドを壊しかねない、販促活動
短期的売上拡大と、ブランディング視点での中長期的な販促活動の両立
【ワーク】「売り」になる訴求ポイントの発見

3)ブランド価値を高め購買に導くデザイン表現

~ブランドコンセプトを、どう「表現」と「接点」に落とし込むか~
●購買行動へ感情を動かす販促原稿のつくり方
●興味を沸かせ先を詠ませるキャッチコピー
【ワーク】競合との差別化と価値の訴求メッセージ
●ブランド価値を表現し興味をわかせる販促デザイン手法(色、文字、
写真、線)
~自社のポジショニングを基にデザイン表現を考える~
【ワーク】購買行動をさせる販促原稿の実践

4) 「買いたい」まで感情を動かす販促の要素とは 

●販促に必要な2つの認知と顧客意欲喚起      
●認知度と心理状態に合わせた販促の伝え方
●売上拡大のカギとなる見込み客と、そのアプローチ

5)統合的マーケティングプロモーションによる売上の最大化

●統合的マーケティング・コミュニケーションとは(IMC)
●一貫性をもったストーリーづくりによる効果の最大化
 ~ブランディングから店頭コミュニケーションまで~
まとめ~購買行動を加速させる販促~
・トリプルメディアとしてのSNS
・マンネリからの脱却
~新しい販促戦略が求められる中での新しいアイディアの創出ポイントとは~

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 39,960円(税込)
セミナーNo. 0315084

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top