店頭活動の総点検:フィールドラウンダーマネジメント編

チーム力・店頭実現力を向上させるフィールドラウンダ―・マネジメント

営業力強化(消費財)

フィールドラウンダーを管理する皆さんの、悩みは多いはずです。下記のような悩みを本セミナーで解決していただけたらと思います。

●仕事はできるけど ⇒ 指示書会議でうるさい!、発想がネガティブ 、根拠のないデマを流す、評論する、仲間をつくる

●ラウンダーの基準がない ⇒ 無駄な投資なのかも、結果が出てない、KPIがない

●トレーニングを受け入れないフィールドラウンダーが増えてきた

●「ぶら下がり」 フィールドラウンダーの台頭    など 


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 鈴木 孝ニ 
所属 株式会社ヴァーテックスジャパン 代表
株式会社マーケティング研究協会 顧問
略歴 1980年に現ユニリーバ・ジャパン入社。卸店や大手流通小売業への本部営業担当、営業マネジメントを経験後、フィールドマーチャンダイジング部隊の立ち上げに参画。戦略・仕組み・人材育成の3本柱をベースに数百名の部隊に育て上げる。その後、セールストレーナーとして営業部門の人材育成を担当。集合研修のファシリテーターやOJTにて、セールスのレベルアップに取り組み、会社の成長の礎を担う。2010年独立し、現在は、営業現場に関わるマネジメントやトレーニングに関するコンサルティングを実施。トレーニングの進行は、現場感があり、わかりやすいと定評がある

セミナー概要

1)「フィールドラウンダーの活動ゴール」はどこ?!

   ・店舗がメーカーに望むサポート力
   ・唯一メーカーが店頭で実現しなくてはならないミッション
   ・ゴール設定に導くフィールドラウンダー3つの活動スタイル

2)「仕組みの構築」って何?!

   ・店頭活動の目標・目的は現場まで降り、共有しているのか
   ・間違いだらけの訪問プランになっていないか(回数、顧客満足)
   ・店頭活動内容は明確か
   ・訪問活動のサポート体制は整っているのか
   ・採用面接の決め手は2つ
   ・フィールドラウンダー教育プランは?
   ・店頭活動報告システムでタイムリーな見える化が可能か
   ・勤怠管理(活動経費など)
   ・緊急時、災害時の活動規定は定番

3)「業務管理」 で本音がわかる!

   ・フィールドラウンダーの活動状態を見極める
   ・突出したFRはいらない。重要なのはスキルの平準化
   ・日報を精査しろ。業務報告に騙されるな・・

4)「人材育成」 は継続してこそ効果が出る

   ・4つのコアスキルと3つの基本動作でOJTを成功させる
   ・OJTのエキスパートになれるチェックと観察ポイント
   ・効果的なトレーニング手法とインストラクタースキルを身に付ける
   ・コミュニケーション力(話す・聴く・伝える)は全ての前提
   ・OffJTで活動の基本を教える

5)「指示書会議の運営」 次第で翌月の数字が見える

   ・短時間運営のコツ
   ・一度でわかる指示書とは
   ・指示書のポイントを押える本部商談の方法

6)「成果(投資効果)の追求」 こそがチームの成長 

   ・やってはいけない営業活動とは・・
   ・効率向上から効果向上の戦略へ・・

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000 円 (テキスト代、飲料代を含みます)
セミナーNo. 0713067

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top