~正しい結果を導き出すための「アンケートの設計」と「データの読み方」~

「失敗しないためのアンケート調査の定石」セミナー

マーケティング

新聞、雑誌、放送、インターネット、ビジネスレポート...、「玉石混淆」の調査データから「信頼できる情報」を見出す知識と、それをマーケットから実際に掴み取るテクニックを "数字"や"統計理論"に片寄ることなく、わかりやすく事例を交えながら解説します。


講師紹介

講師紹介

渡辺久哲講師"

講師名 渡辺 久哲
「調査データにだまされない法」
「スペシャリストの調査・分析する技術」著者
所属 上智大学 文学部 新聞学科 教授
略歴 東京大学文学部社会心理学科を卒業後1985年、同大学院にて修士課程を修了し、株式会社東京放送(現㈱東京放送ホールディングス)に入社。株式会社TBSテレビ編成局マーケティング部部長を経て2010年度より上智大学文学部新聞学科教授。専門は社会心理、世論研究、統計調査、メディア論、マーケティング論など。TBS在職中は番組編成のためのモニター調査やテレビの視聴率調査の他、世論調査や選挙予測など報道分野の調査・分析の実務を勤める傍ら、「宣伝会議」、「調査情報」、「商工ジャーナル」等へのマーケティングや社会行動に関する研究論文の寄稿や執筆などでも活躍。
日本マーケティング・リサーチ協会理事、日本マス・コミュニケーション学会理事を務める他、日本マーケティング学会、日本社会心理学会、日本行動計量学会、等に所属。
主要著書:「朝シャン世代の消費トレンド」(90年共著、中央経済社)、「消費行動の社会心理学」(94年共著、福村出版)、「調査データにだまされない法」(98年、創元社)、「スペシャリストの調査・分析する技術」(2011年、創元社)、「総合的戦略論ハンドブック」(共著、2012年、ナカニシヤ出版)、「ネット・モバイル時代の放送」(共著、2012年、学文社)、「ソーシャル化と放送メディア」(共著、2016年、学文社)、等



講師詳細

セミナー概要

1.「何を調べるのか?」を明確にするために

  1)世の中で行われるさまざまな調査
  2)「調査ニーズ」と「調査課題」
  3)“データ”からわかる“情報”とは何か
  4)調査データを読むときの心構え ~冷たいデータに“血”を通わせる~
  5)「アンケート調査」と「インタビュー調査」、どちらを使うのが良いか?

2.アンケート用紙(調査票)設計での留意点

  1)調査票設計の基本原則
  2)「質問文」の基本原則
  3)「バイアス」とはどんなものか?
  4)「回答形式」で陥りがちなミスに注意!!
  5)「調査票」に潜むウソの見抜き方

3.サンプリングでのポイント

  1)“サンプル数”の基本的考え方(どのくらいの数が必要なのか?)
  2)フィッシャーの思想
  3)「ランダムサンプリング」と「有意抽出」
  4)“偏り”の生じる原因
  5)サンプリングに潜むウソの見抜き方

4.調査目的に合せた調査方法の選択

  1)訪問面接法
  2)留め置き法
  3)郵送法
  4)電話法
  5)その他の調査法
   ~「ハイテク調査法」「インターネット・リサーチ」等の現状と活用法 ~

5.データの分析と解釈のポイント

  1)「標本誤差」について
  2)「有意差」について
  3)「クロス表」の読み方
  4)「時系列データ」の正しい読み方
  5)「多変量解析」の注意点
  6)報告されたデータに潜むウソの見抜き方

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(東京 飯田橋駅 徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 37,000円+2,960円(税)…39,960 円 (テキスト代、飲料代を含みます)
セミナーNo. 0605070

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top