仕事を2倍早くする「段取り力」の磨き方セミナー

人材育成

こんなことにお困りではありませんか?

・ 上司に「PDCAを回せ!」と言われるが、どう回したら良いかは指導されていない

・ 「仕事の目的を考えろ!」と言われるが、その先どうしたら良いかが分からない

・ 日々、やることに忙殺されて、とても段取りの良い仕事振りとは言いがたい

本講座のテーマは「論理思考に基づく段取り力の向上」です。
私自身が、最初に勤務した外資系コンサルティング会社を皮切りに、常に段取り良く仕事を回さざるを得なかったことから、「本で学んだ通り一遍の段取り力」ではなく「実践に裏打ちされた、本当に役に立つ段取り力」を培ってきました。
本講座では「いかに仕事を2倍速くするかの秘密、秘訣」を惜しみなく開示します。
みなさまの積極的なご参加をお待ちしています!


講師紹介

講師紹介

清水 裕一

講師名 清水 裕一
所属 株式会社コアインテグリティー 代表取締役
略歴 「1年が一般企業の3年」と言われるほどのスピードが求められる外資系コンサル ティングファームで、スピードと質を両立する仕事の進め方を体得。企業経営への関心を有する傍ら教育研修事業に興味を持ち、複数の教育研修会社にてキャリアを積む。 研修教材開発はもとより、人事制度設計や人材育成体系策定等の企画もできることから、経済産業省「社会人基礎力」の初期企画に従事する等の経歴も有する。研修講師としても活躍し、延べ11,000名超の受講者を対象に多くの種類の研修を担当。論理思考をベースにした仕事の進め方、段取り研修では、某大手一部上場企業で何年もトップ講師としての評価を獲得。自身が複数の企業で役職を兼務してきた中で培われた実践的なノウハウやコツが受講者から好評を博している。

セミナー概要

1.段取り力向上がなぜ大切なのか?

  (1)段取り上手=仕事ができる?!
  (2)「宴会の幹事は仕事ができる」説を考える
  (3)段取り力向上は、どのくらい生産性を向上させるのか?
  (4)段取り力とPDCAなど、段取り力の類似概念について

2.段取り力向上の基本

  (1)積み上げ思考と逆算思考の差
  (2)経験則と原理原則、試行錯誤、こだわり
  (3)「顧客」志向が段取り力を高める

3.計画立案の要点

  (1)「目的」よりも「意図」と「到達点」
  (2)グランドデザインと実行計画
  (3)「やること」だけの列挙は失敗する
     (計画の良否を分けるポイント)
  【演習】実際に計画を立ててみよう!

4.実行における段取り力

  (1)「顧客」の頭の中を読み、先手で対処する
  (2)「言われなくてもすべきこと」と
     「言われたら対処すること」を分けて動く
  (3)「共通項」を発見し人を動かす
  【演習】 「言われなくてもすべきこと」は何か?

5.「PDCAのCが無い」のは本当に問題か?

  (1)検証の必要が無い計画こそが「そもそも間違っている」
  (2)「段取りの成功体験」こそが段取り上手になる秘訣
  (3)多忙な中でいかに段取り力を高めるか
  【演習】現実の業務における段取り力向上をプランニングする

開催日時 2017年4月25日(火)13:00~17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込) テキスト代等含む
セミナーNo. 1016097

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top