1日集中「マーケティング入門」セミナー

基礎理論とフレームワークを学び、ケーススタディで身につける

マーケティング

本セミナーは、マーケティング初学者にも分かりやすく基本理論とフレームワークを整理・解説し、すぐに使えるようになるビジネスケースで実務へつなげます。
講師独自のつながりと流れで表す体系や顧客の潜在ニーズの探り方など、今後の応用も見据えた内容となっています。


講師紹介

講師紹介

金森努講師

講師名 金森 努
所属 金森マーケティング事務所 取締役社長
略歴 大学卒業後、大手コールセンターに入社。本当の「顧客の生の声」に触れ、マーケ ティング・コミュニケーションの世界に魅了されてこの道約22年。コンサルティング 事務所、広告会社を経て、2005年金森マーケティング事務所を設立。企業の事業戦略・マーケティング戦略の立案・実行と、マーケター育成を支援する。一貫して「マーケティングの要諦は顧客視点・生活者視点」と主張する。



セミナー概要

Part1:マーケティングの「基本のき」

 1)今日に至る消費経済の変化とマーケティング
 2)今後、社内でマーケティングを担うのは誰か?
 3) 結局、マーケティングとは何なのか?
 4) ニーズを見つける、効果的な基本原則
  【演習】 この男の“ニーズ”は何?
 5)成功するマーケティングのセオリーは「流れ」
  【演習】 売れなかった商品の復活策を考える
 6) 「マーケティング計画の鉄則」の整理

Part2:社内よりも世の中や顧客:環境分析

 1) 分析に迷わない!環境分析の全体像 
 2)マクロ環境を把握するPEST分析
  【演習】 ある食品の販売量の変化とその理由
 3) 業界環境を分析する5つの力(5F分析)
  【演習】 若者の○○離れ。その原因と対策を考える
 4) 競争環境分析:3C分析
  ・業界の「勝ちパターン」を明らかにする
  ・直接的競合の動きと自社が取るべき戦略
  【演習】シークレット設問
 5) 戦略立案ができるバリューチェーン分析
  【演習】 航空業界でLCCが構築した「勝てるしくみ」
 6) SWOT分析の正しい使い方
  【演習】画期的な”カロリー0食品”の全国展開戦略

Part3:顧客候補を発見し、自社の魅力を示す:STP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)

 1) STP分析とは?
 2) セグメントの切り口が誤っているから、売れない!
  【演習】 この商品のターゲットはどんな人?
 3) 顧客候補群(セグメンテーション)から、
   顧客候補(ターゲット)の魅力度を判定する方法
 4) 生の顧客像を詳細に描く=ペルソナ
 5) 購買決定要因(KBF=Key Buying Factor)を導き出す
 6) 自社の魅力の打ち出し方を決定する方法
   【演習】 特保飲料のSTPを「流れ」で考える
 7)「マーケティングの流れでは「戻る」も重要

Part4:効果的な施策構築術(マーケティングミックス)

 1) 自社製品の提供している価値を分析する
   【演習】 顧客候補(ターゲット)の変化と製品特性
  ・製品普及過程(プロダクトライフサイクル)と提供価値
 2) 価格設定の基本
   【演習】 新製品の価格を設定をする
  ・顧客と対競合を考えた価格設定
 3) チャネルの設計と提供価値
   【演習】 新製品の販路を設定をする
 4) プロモーション(広告・販促)
  ・製品・サービスを”知らない”状態から”買いたい”と
   思うようになるプロセスを設計する
   【演習】 ”この本”はどうすれば売れる?

Part5:BtoB(企業対企業取引事業)における留意点

 ・「顧客の顧客を起点」として考える
 ・購買決定関与者(DMU)は誰か?そのニーズは?
 ・価値の示し方(ポジショニング)の基本
 ・マーケティングの流れと個別施策(4P)の整合性

Part6:全体のまとめ

 ・マーケティングを流れで読み解く際のポイント
 ・本日の学び/気付き/モヤモヤの解消

開催日時 2017年4月14日(金)9:30~17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600円(税込) テキスト代、昼食代含む
セミナーNo. 0916096

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top