不確実な時代のブランド強化方法

ブランド構築ロードマップ作成

マーケティング

担当講師から一言

■イギリスのEU離脱、アメリカ大統領選挙のトランプ氏当選と想定外なことが多発している今日。そんな不確実な時代ほどクリエイティブを発揮し、イノベーティブなアイデアでブランドや消費者の生活を提案して、新たな顧客を創造することが望まれます。

不確実な時代は考えようによっては大きなチャンスとなります。このセミナーは不確実な時代にどうやって強いブランドのロードマップを築きあげることができるかをテーマにし、実践的に活用できることを意識した内容です。

■マーケティングや商品開発、研究開発の実務を担当している方。あるいはそのマネジメントをされている方に適したセミナー内容です。


講師紹介

講師紹介

講師 小島 正好
所属 株式会社 アルスター・コーポレーション 代表
略歴 京都府出身  大学卒業後、花王石鹸株式会社(現花王株式会社)に入社、花王勤続 28年間に営業職12年、マーケティング職16年を経験した。営業職では代理店業務、 チェーンストア本部担当業務、売場活性化の技術開発業務、販売制度・政策の策定業務などの実務を経験。マーケティング職ではニベア、エイトフォーなどパーソナル商品、ベビー用おむつメリーズなどのブランドマネジャーを歴任した。またグローバル事業もマーケティング職でドイツ、ベトナム、中国などでブランドの構築や育成に従事した。花王退職後はマーケティングコンサルタントとしてバランスのとれた幅広い知識と実践経験やノウハウを活かした活動を行い、国内外のクライアント企業から高い評価を得ている。

セミナー概要


1.不確実な時代はブランドを弱体化させる危険をはらんでいる

  ①ブランド弱体の事例-K社の事例
  ②ブランド弱体の原因は


2.ブランド構築のためのロードマップとは

  ①ロードマップの全体像
  ②ロードマップがなぜ必要なのか


3.ロードマップその①問題の本質をさぐる「ブランド診断」を行う

  ①ブランド診断とは
  ②売れる方程式とは


4.ロードマップその②ぶれないために「ブランドの設計図」をつくる

  ①ブランド設計図の考え方と仕組み
  ②ブランド設計図づくりーステップ
  ③ブランド設計図ーチェックポイント


5.ロードマップその③実行するための「トータル・マーケティング・マネジメント」

  ①トータル・マーケティング・マネジメントの考え方
  ②ブランドを見える化する“ブランドスコア"
  ③販売戦略での見える化活用“キー・アカウント・スコア"


6.ロードマップその④戦略をエリアから遂行し、強化する「エリア・マーケティング」

  ①今日的マーケティングの限界
  ②エリアマーケティングのねらい
  ③エリアマーケティング事例


7.ロードマップその⑤革新的な商品を開発する「潜在ニーズのアナリシス」

  ①潜在ニーズを論理的に見つける方法
  ②消費者がブランドやカテゴリーを「評価する基準」を掴む
  ③イノベーションを起こすには


8.まとめ


開催日時 2017/03/15 (水) 13:00 ~ 17:00
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(東京都 飯田橋駅 徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000 円 (テキスト代、飲料代を含みます)
セミナーNo. 0616092

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top