最新自動車技術徹底研究セミナー

~いま注目のエコカー・自動運転が半日でわかる~

マーケティング

営業力強化(生産財・産業財)

自動車関係のシステムや製品の戦略や設計、製造の仕事に携わっている方々を対象に、業界の急激な環境変化や技術革新動向を解説します。

排ガス対策、燃費低減技術、エンジンの高熱効率化技術、今後のエコカー技術、自動運転技術、コネクテッドカーの最前線などについて、分野に精通していない方でも分かりやすく網羅的に把握できる内容となっています。


講師紹介

講師紹介

講師名 加藤 克司
所属th> イントランスHRMソリューションズ トレーナー
略歴 1973年、日本電装(現(株)デンソー)に入社、排ガス対策、燃費向上技術を中心とするエンジン制御システム(EMS)の開発/設計を担当。開発室長として、国内の8社、欧州やアジアの数多くのカーメーカー向けEMSのシステム、製品の拡販、開発/設計業務に従事。その後、タイの初代センター長として、体制づくり、人材育成、アジア地域カーメーカーとの関係構築に尽力。帰国後、新興国向けの製品開発プロジェクトの推進リーダーを経て15年に退社、自動車関連技術の講演会にて講師として活躍中。

セミナー概要

1.自動車を取り巻く環境変化と課題

・グローバルな排出ガス・燃費規制の最新動向
(CO2、PM2.5、欧州エミッション、ZEV規制、RDE規制など)
・自動運転技術に関する国際基準活動と法整備についての各国の動向

2.省燃費技術、熱効率向上技術の最新技術

・最近の高熱効率化や燃費低減技術における注目技術を徹底解説
 -過給ダウンサイジングエンジン、アトキンソンサイクル、
 -クールドEGRシステム、可変動弁系技術、可変圧縮比エンジン、
 -HCCI(予混合圧縮着火)エンジン、ISS作動システム

3.次世代エコカーの今後の動向と特徴、課題

・次世代エコカーの動向予測と普及のための課題
・カーメーカー、部品メーカーの動向及び今後の方向性
  -天然ガス車、バイオ燃料車代替燃料
  -HEV、PHEV、BEVx、BEV、FCV

4.自動運転技術の最新技術動向と今後の見通し

  -レベル1(運転支援)~レベル4(完全自動)での技術と課題
  -自動運転実現に向けた先行するIT企業と既存自動車メーカーの動向
  -コネクテッドカーの最前線
   (クルマの存在意義の変化と新たなモビリティサービスの出現)

開催日時 2017年3月9日(木) 13:00~17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込) テキスト代等含む
セミナーNo. 3515078

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top