新規事業を生み出す仕組みづくりと運用

~ スムーズに立ち上げ、事業化するための制度、体制、環境づくり~

マーケティング

新規事業開発の必要性・重要性は謳われているものの、現場は既存事業が主流であり、新規事業への支援は不十分であることが多いものです。
この講座では、新規事業の創出を推進するうえでの「組織」や「制度」、「情報面」等のインフラ整備や支援体制について、ソニー㈱で数多くの新規事業の立ち上げに携わった講師が、その実務で作り上げたノウハウを基に実例を交えて解説します。

■同日開催「新規事業開発・推進のポイント」をお申し込みいただくと、優待料金が適応されます。
詳しくは下段の記載をご確認ください。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 古森 創
  株式会社古森コンサルタンツ 代表
略歴 1962年生まれ。九州大学を卒業後、ソニー株式会社に入社。コンピュータ用磁気ディスクの民生用新規チャネル開発、量販チャネル開拓、マーケティング部門を経て、新規事業開発部署に異動。超小型TVチューナーデバイスによるテレビ付き携帯電話の市場創造や、リチウムイオン電池の電動工具、掃除機などの新市場開拓などに携わる。2009年に独立し現在、新規事業開発など、「売れる仕組みづくり」を中心にマーケティング・営業・経営管理の支援・指導、人材育成、講演・研修、執筆等に活躍。中小企業診断士。
主要著書:「新規事業開発成功のための80ステップ」(三修社)、「中小企業のためのビジネス企画の立て方、作り方」(武蔵野商工会議所)

セミナー概要

1.新規事業の必要性が多くの企業で叫ばれる中、何故なかなか進まないのか?

1)なぜ新規事業のアイデアがあがって来ないのか
2)「アイデア」や「技術」があっても、なかなか事業化に結びつかないのは何故か?
3)新規事業を次々に生み出す企業は、どの様にやっているのか? ~新規事業の創出に必要な制度と体制~

2.新規事業の「創出過程」を明示する

1)アイデアや担当者を募る際に明示する「基本方針」や「制約条件」
2)アイデアや事業化を審議する過程を明示する ~3つのポイントで審議する~
3)計画や審議をスムーズにする「書類の様式」 ~事業化の可能性を高めるための要点項目「とひな形」~

3.新規事業開発を進める「スタイル」の選び方と留意事項

1)「全社」で取り組むか?「事業部単位」で取り組むか?
2)「トップダウン型」、「ボトムアップ型」での留意点
3)アイデアを「ヒアリング」で探すか?「アイデアコンテスト」で募集するか?

4.事業化を推進するための組織体制の要件

1)どの様な組織が、どのタイミングで必要か? ~「兼任組織」の限界と「専任組織」を置く条件~
2)組織の機能・役割と担当者の能力・資質

5.推進組織や担当者を支援する仕組みづくり

1)結果が出るまでの評価の仕方
2)新規事業推進ために必要な知識・スキルと能力開発の方法
3)他部門との連携、協力体制の整備の仕方

開催日時 2017年3月28日(火)  14:00~17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 セミナー参加料:35,000円+消費税2,800円 … 合計 37,800円
両方ご参加の場合:60,000円+消費税4,800円 … 合計 64,800円(昼食つき)
セミナーNo. 3405075

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top