北関東・甲信越市場のエリアマーケティング戦略

~ 各県の地域特性と戦略理論に基づく市場攻略のポイント ~

マーケティング

国内で数少ない発展市場である北関東3県と、それらと密接なつながりを持つ甲信越3県の市場攻略について、各地の地域特性とエリアマーケティングの戦略理論に基づき、県別の攻略手順や営業戦略を具体例を交えてわかり易く解説します。


2017年3月17(金) 9:30~17:00
【第1部】 「北関東市場編」(茨城、栃木、群馬)・・・9:30~12:45
【第2部】 「甲信越市場編」(山梨、長野、新潟)・・・13:45~17:00

※どちらか1部のみのご参加も可能です。詳細は下記をご確認ください。


講師紹介

講師紹介

講師名 矢野 新一(やの しんいち)
所属 No.1 戦略研究所 所長
マーケティング研究協会 顧問
略歴 (株)マーケティングセンターを経て、(株)ランチェスターシステムズに入社、昭和60年1月に独立して、(株)ランチェスター戦略研究所を設立。
平成2年12月(株)No.1戦略研究所を設立し、現在に至る。
故田岡信夫氏の戦略理論を第一線の実務ベースに応用した実績は大きく、ランチェスター戦略研究の第一人者として活躍中。特に地域戦略に関しての理論やその指導法には定評がある。

主著:「ランチェスター戦略の教科書」、「マンガでわかるランチェスター戦略」、「マンガでわかる『孫子の兵法』に学ぶビジネス戦略」、「都道府県別ヒット商品の法則」、「県民性は7392通り」、他多数。

講師詳細

セミナー概要

第1部 「北関東市場編」(茨城、栃木、群馬)・・・9:30~12:45

【1】エリア攻略のための「定性情報」と「定量情報」の重要性と活用方法

【2】北関東市場の捉え方
  ◇北関東市場の現状と全国における位置づけ
  ◇北関東市場のやりにくさとは

【3】北関東3県の市場特性と地域戦略の進め方
  1.広域戦と局地戦の ……………………………[茨城市場]
  ◇「チバラギ」県とは
  ◇茨城県の細分化のしかた(「水戸圏」とは)
  ◇「水戸」の重要性と拠点候補地区
  2.関東と東北の回廊的市場 ……………………[栃木市場]
  ◇栃木消滅論とは
  ◇栃木県の細分化のしかた(「宇都宮圏」とは)
  ◇「宇都宮」攻略法と拠点候補地区
  3.弱者の局地戦市場 …………………………[群馬市場]
  ◇関西企業が重視する理由とは
  ◇群馬県の細分化のしかた(「前橋」VS「高崎」)
  ◇「前橋」と「高崎」はどちらが重要か

【4】北関東3県のエリアマーケティング展開のポイント

第2部 「甲信越市場編」(山梨、長野、新潟)・・・13:45~17:00

【1】甲信越市場の捉え方
  ◇「甲信越」とは
  ◇甲信越市場の現状と全国における位置づけ
  ◇甲信越市場のむずかしさとは

【2】甲信越3県の市場特性と地域攻略の進め方
  1.個人戦市場 …………………………………[山梨市場]
  ◇外資系企業が重視するわけ
  ◇山梨県の細分化のしかた(4分割とは)
  ◇山梨県の攻略手順と甲府拠点候補地区

  2.廊下的市場 …………………………………[長野市場]
  ◇廊下的市場とは
  ◇長野県の細分化のしかた(2分割か4分割か)
  ◇長野市場の攻略手順(東京管轄か?名古屋管轄か?)

  3.広域市場 ……………………………………[新潟市場]
  ◇東北?北陸?関東?
  ◇新潟県の細分化のしかた(4分割とは)
  ◇新潟県の攻略手順(「長岡」の重要性とは)

【3】甲信越3県のエリアマーケティング展開のポイント

br>
◆このセミナーテーマに関する個別企業内での「セミナー」や「勉強会」の企画、開催のご相談も受け賜りしております。
また、貴社の「営業力強化」や「マーケティング」、「人材育成」に関するご相談やお問合わせについても別途個別にご対応させて頂いております。詳しくはマーケティング研究協会(tel:03-5227-5711)」迄お問合わせ下さい。

開催日時 2017年3月17(金) 9:30~17:00
【第1部】 「北関東市場編」(茨城、栃木、群馬)・・・9:30~12:45
【第2部】 「甲信越市場編」(山梨、長野、新潟)・・・13:45~17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 【全日程】受講:46,000円+消費税3,680円…合計49,680円 (昼食付)
【どちらかの部のみ受講】:34,000円+消費税2,720円…合計36,720円(昼食なし)
セミナーNo. 0905073

※お手数ですが、備考欄にご希望の参加区分「全日程参加」「1部のみ参加」「2部のみ参加」をご記載ください。

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top