開発を加速させるための社内外関与者の協力の引き出し方、行動の促し方

技術・開発担当者向け! 「巻き込み力」強化セミナー

人材育成

◆◆◆セミナー概要◆◆◆

近年、製品・技術開発担当者においても「いかに売れるか」を求められてきています。
では、開発現場だけで「売れる製品」が作れるか、というと難しいのではないでしょうか。例えば社内外からの意見や協力を取り付け、開発するというプロセスが必要となります。技術・開発担当者が周りを説得していくためのコツや手法をワークで実践しながら体得できるセミナーです。


技術・開発担当者向けセミナー2本同時申込み受付中!!

3/14(火)開催『技術・開発担当者向け!「説明力」強化セミナー』と同時お申し込みの場合、64,800円(2本合計、消費税込み)でご受講いただけます。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 新名 史典
所属 株式会社Smart Presen 代表取締役
プレゼンコンサルタント、組織開発コンサルタント
略歴 1971年 大阪府吹田市生まれ。業務用・家庭用の洗浄剤消毒剤・健康食品メーカーのサラヤ株式会社にて営業、マーケティング、商品開発の仕事に約15年従事した後、平成23年10月に独立。生態学、環境科学の分野で研究活動を行っていた大学・大学院から社会人時代を通じ、20年間一貫してプレゼンテーションを重視し、そのノウハウ化、指導にあたる。自身も研究者、営業マン、企画マンそれぞれの立場でのプレゼンを豊富に経験。2014年に一般社団法人ビジネスプレゼン力育成機構の立ち上げにも参画。 モットーは『ビジネスは伝わってナンボ!』
著書に、『顧客に必ずYesと言わせるプレゼン』(同文舘出版)、『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方』(同文舘出版)、『ビジュアル図解 洗浄と殺菌のはなし』(同文舘出版)がある。

セミナー概要

1.イントロダクション

なぜ技術・開発担当者に「巻き込み力」が必要なのか


2.人に動いてもらう要件を知る

1)仕事を推進するために発揮すべきチカラ
2)自分や他者のタイプからみる関わり方のポイント
3)人の「感情」を理解することで動いてもらえるポイントが見える
【ワーク】他部署の後輩にプロジェクトへ参加してもらう


3.上司や他部署を巻き込む力「部下力」とは?

1)相手の協力を取り付ける3つのステップ
2)「部下力」がある人とない人は報連相から差が生まれる
3)機能するチームを作る“責任の糊”
【ワーク】上司を巻き込み、新製品の試作品を作る


4.「協力したい!」と思われるコミュニケーションの基本

1)チームづくりのプロセスと機能している状態とは?
2)論理だけでは人は動かない~相手を引き込む共感ポイントの作り方~
3)相手に話を聞いてもらうには情報をグルーピングしなさい
【ワーク】30秒で案を部長に承認してもらう


5.意見の対立にどのように対処するか~交渉の仕方~

1)良好な関係づくりに必要な交渉スタンス
2)意見の対立を乗り越える4つのポイント
3)合意形成につながる5つのオプションとは


6.総合演習:「新規プロジェクトを立ち上げ成功させる」


7.まとめ

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(東京都 飯田橋駅 徒歩10分)
受講料 48,600 円 (テキスト代、昼食・飲料代を含みます) 

3/14(火)開催『技術・開発担当者向け!「説明力」強化セミナー』と同時お申し込みで64,800円(2本合計、税込)

セミナーNo. 1114096

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top