成功事例から学ぶ

ドラッグストアの売れる販促ツール&POP

●企画制作ノウハウと効果的な売場展開方法●

小売業(リテール)

本セミナーでは、店頭での販促ツールやPOPを企画されている方を対象に、店頭での設置率と売上を高めるための企画~制作のノウハウを凝縮してお伝えいたします。 チェーンストアにてPOP制作の実務経験を持ち、現在はPOPデザイナーとしても活躍する那須野氏をお招きし、これまでに制作されてきた3000枚を超える経験と店頭観察に基づいて、企画・デザイン・コミュニケーション等押さえておきたいポイントを解説いただきます。ドラッグストア業界はもちろん、他業界の方にも参考にしていただける実践的セミナーです。


講師紹介

講師紹介

講師 那須野 雄一郎
所属 Nasunoデザインワークス 代表
略歴 某チェーンストアにて全社向けのPOP・チラシ等の販促物の制作を担当後、独立。 チェーンストアにおいてオリジナルのPOP作成と展開によって医薬品・サプリメントなど担当部門の利益を大幅に改善する。店頭の手書きPOPを作成することからキャリアを始めた珍しいグラフィックデザイナーである。店舗での接客経験からも、お客様の気持を深く理解することができ、それを効果的な販促物の作成・指導に活かすことができるコンサルタントデザイナー。

セミナー概要

1)現在の店舗に求められる販促ツール・POPの役割と効果

  ・豊富な品揃えと情報の氾濫がもたらしたお客様の不満足
  ・お客様の本音は「私が欲しいモノが選べない」「信用していいのかわからない」
  ・「ブランドを訴求したいメーカー」と「今、売れる理由が欲しい店舗」とのギャップ
  ・最近、増えつつある「コト」の提案と「モノ」の売り方!
  ・「お客様が求める情報」と「店舗が求める販促ツールやPOP」とは?

2)そもそもPOPで何を伝えるべきなのか?

  ・ブランドのコンセプトワードを訴求することで、売上を作ることができるのか?
  ・世界観やイメージの訴求は、売上に直結しない!
  ・コンセプトやメッセージを開発する上で重要なショッパーの理解
  ・ターゲット別のアプローチの違い
  ・販促ツールやPOPによるシニア対応とは?
  ・売れるポイントは、「商品の個性」「生ワード」

3)販促ツールやPOPの効果を最も左右するデザインの3要素

  1)コピーの磨き方(伝わるメッセージ、文字数、フォント、サイズなど)
  2)レイアウトの仕掛け方(視線誘導による魅せ方、読ませ方)
  3)色の5原則(色の効果、トーン、配色)

4)売場の事例から、成功した販促ツール・POP制作のコツを学ぶ!

  1)什器エンド、プロモーションコーナー、島陳列に適した形状・デザイン
    ●立体大型POPで売場に一直線
    ●プロモーションから定番まで見てもらう仕掛け
  2)定番品売り場に適した形状・デザイン
    ●“私が欲しいコレ”、を買いに来たお客様に必要だったのは
    ●あえて違和感を感じさせ重点品に導く仕掛け
  3)関連陳列売場、レジ前陳列に適した形状・デザイン
    ●レジ前の短い待ち時間内で購入決定いただくメッセージ性
  4)売れるポイントは、「インパクト」「統一感」「売場での変化」

5)店頭展開率を高める!企画~店頭設置までのコミュニケーション

  ・他部門や上層部からの要望を調整しつつ、見込客への訴求力を高めるには  
  ・社外デザイナーに、自社販促コンセプトを的確に反映してもらう為のチェックポイント
  ・店頭POP展開率を高める、店舗へのわかりやすい展開指示書例

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込) テキスト代等含む
セミナーNo. 0315070

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top