2017年消費マインドとオムニチャネル行動

スマホを手にした消費者は、どのような購買行動をするのか

マーケティング

シリコンバレーが牽引するイノベーションブームは、ますます盛り上がりをみせ、そこで生まれた数々のイノベーションは、もはや技術の先進性ではなく、生活への浸透力を競う段階です。

そしてスマホの普及により、顧客はオムニチャネル行動という新しい行動様式を得ました。テクノロジーが目まぐるしく進展し、一方で消費マインドが停滞する現在、従来型の、データ分析からインサイトの鉱脈を掘り当てる手法だけでは、販売拡大を望めません。状況打破の鍵は、テクノロジーを活用した仕掛け型のアプローチです。

顧客を刺激し新しい消費行動を作り出すのです。当セミナーでは、テクノロジーの進展と相まって変化する顧客の消費行動、これを刺激するテクノロジー活用の方向性、その未来像などを事例を交えご紹介します。スマホを手にしたユーザーが実態として何をしているのか?ECとリアルの関係値は?など、消費行動の視点から2017年の指針を導き出します。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 樋口 進
  株式会社シンクエージェント 代表取締役
略歴 住友ビジネスコンサルティング(株) (現日本総合研究所)にて、主にチェーンストアの業態開発、消費財メーカーのマーケティング戦略、新規事業開発など経験。1990年代後半からIT分野のアプリケーション開発や戦略を手掛けるようになり、2000年よりビジネスアーキテクツ社の創業に参加。オンラインマーケティング/ネット戦略分野に本格参入し、数多くの企業のインターネット・ビジネス立上げやリアル・ネットを包括したビジネス戦略の策定に携わる。2007年に株式会社シンクエージェントを設立。流通業のオムニチャネル戦略、先進技術を活用した新規事業開発、イノベーションを起点とする新しい市場創造、センサー技術を活用した顧客行動マーケティングなど、よりシンクタンク的な機能に重点を置き、リアル・ネットを包括したコンサルテーションを実施している。

セミナー概要

1.2017年の消費市場と消費マインドを読み解くキーワード

 (1) キーワード解説
   セルフ&クロスValue消費
   ストカル・サブカル回顧(懐古)主義
   リア充補完消費
   イノベーション牽引型
   シェアエコノミー
   セルフィー、DIY、ノマドワーカー
   ゆとり的同調行動消費

 (2) まとめ
   デモグラフィックから行動マーケティングへ
   所有価値からフロー価値へ
   マーケティングの意味の変容

 【事例研究】
   Amazon / JR / ANA / アイリスオーヤマ
   サントリーのクラフトビール戦略 / DMM など

2.先進技術で変容する製造小売業やデジタル武装製造業

 (1) 小売流通で今何が起こっているか?
  ID認証による、チャネルを横断した“個客”トラッキング
  リアルタイム・センシングによるマーケットイン発想の売場作り
  行動予測による先取りマーケティングや在庫コントロール

 (2) 製造業で今何が起こっているか?
  小ロット戦の覇者とは?SKU横断MD
 “派生別注”を見越して共通ロット化生産
  52週MDをグロッサリーで体現しつつある食品メーカー
  3Dプリント技術・転写プリント技術などを活用した一体成型技術進展と
  小ロット多品種生産
  ロボットやAI、センサー技術進展による歩留まりが高くリードタイムが短い効率生産体制
 【事例研究】 国内事例を中心に解説予定

3.ワークショップ 用途&シーン創出型の製品&サービス開発

トレンドの新しい技術や手法によって生活者の新しいシーンや用途を
創出するような商品開発やマーケティング施策の実習

4.オムニチャネル推進の要諦

 (1) リアルの逆襲・アナログのリベンジ
  ECは実はリアルに中々勝てない
  財布のひもを開かせる努力はもうやめよう
  衝動購買・体験購買のメカニズム
  コト型消費は本当か?
  ローカル&ローカライズの肝

 (2) フィンテックは消費の何を後押しするか?
  シェアエコノミーやC2Cの加速
  ギャザリングやクラウドファンディング加速
  グローバル決済・消費の加速

 (3) 媒体構造の変容
 (TV、新聞・雑誌、ちらし、屋外広告)に見られるスマートフォンのポジショニング
  既存メディアは位置づけを変え、オンラインメディアはプラットフォームへ 
  スマホでの行動は元々リアル行動と対になって起こっている。  
  スマホは行動のトリガーになっているが、その稼動幅(リーチ)は小さい。
  単純な屋外広告は今や人にリーチ(コミット)しにくい。
  一方で雑誌は売れていないが、ヒトに相変わらずリーチしている。
  ボーっとした無意識の時間をスマホはヒトから奪った。

 (4) データドリブンマーケティングから行動イメージマッチングへ
  データが集まる前に起こることを直視しよう。
  起こることを予測して動くより、起こしてしまった方が早い。
  デジタルサイネージが今後のキーデバイス?
  リアルとネットのマージナルポイントを狙え。

 【事例研究】 海外事例を中心に解説予定

5.質疑応答&ラップアップ



■ビジネス支援のご案内■

セミナーだけでなく、EC事業をはじめとした、ネットとリアルを融合したビジネスの構築など、 オムニチャネル型のビジネスを支援いたします。

・ECご支援
・オムニチャネル策定支援
・顧客育成・ダイレクトマーケティング
・新規事業企画

詳細はお問合せください。

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込) テキスト代等含む
セミナーNo. 2516091

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top