医師視点で考えるブランド選択までのシナリオの作り方

医薬品業界プロダクトマネージャー、ステップアップのための次の一手!

マーケティング

【こんな方にお奨めです】

●医薬品、医療用品業界でプロダクトマネージャー歴2年以上

●又は、弊社主催セミナー「<医薬品業界>プロダクトマネージャー養成講座(基礎編)」を過去に受講された方

【参加のお奨め】

企業によってプロダクトマネージャーの仕事は様々ですが、製品の最終責任者としてブランドプランの立案と実行は欠かせません。有効なブランドプラン、プロモーションプラン立案のために、医師の立場や志向、ブランド選択に影響を及ぼす患者へのメッセージ体験を理解し、その各ステップやタッチポイントを意識したシナリオ作りの方法を学ぶことが有用です。この講座では、「ペルソナ」や「共感マップ」などを用いながらマーケティングの考え方に基づく医薬業界における顧客理解の手法とブランドプラン立案について事例や演習を交えながら分かり易く実践的に学んで頂きます。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 尾上 昌毅
所属 株式会社マーケティング・インサイツ 代表取締役
略歴 北海道大学薬学部卒業後、プリストルマイヤーズ、キリンビール(現協和発酵キリン)ノバルティスファーマに勤務。11年のMRを経験後、教育研修室長、プロダクトマネージャー、マーケティング部長、事業戦略部門長などを歴任。2009年より現職でマーケティング研修・コンサルティングを手掛ける。患者さんや医療従事者のインサイトを取り入れた、開発時から発売後までの幅広いマーケティングの可能性を追求している。

講師紹介

講師名 遠藤 紀子
所属 プランニングユニットC&N+ 代表
略歴 早稲田大学第一文学部心理学科卒業後、マーケティング・コンサルティング会社、大手広告代理店を経て独立。ユーザー顧客インタビュー調査のプロフェッショナルとして、数多くの企業のプロモーションのプランニングに携わる。

セミナー概要

1.医薬業界でのマーケティングの難しさ ~今、何が課題なのか?~

2.医師の共感を得られるメッセージを作るために「患者へのメッセージ」を作る

・「共感マップ」を使って患者を理解する
 【演習】医師の「共感マップ」を実際に作ってみる

3.医師に振り向いてもらうために、先ず何から手を付けるべきか!

 ・医師は何を理解し、何を納得するとブランドユーザーになるのか?
 ・ブランド選択までの「スモールステップ」
【演習】「スモールステップ」の作成

4.医師の認識を変えるメッセージの作り方と接点の持ち方

 ・「共感マップ」、「スモールステップ」から「タッチポイント」を導き出す
 ・メッセージ、体験による医師の認識の変化
 ・タッチポイントでのメッセージと行動変容

5. 顧客になりきることで見えてくる新たな視点と施策

◇ 質疑応答~まとめ~


◆セミナー終了後、セミナー会場となりのラウンジを講師への質問、参加者同士の情報交換の場として開放しておりますので、是非ご利用ください。
◆このセミナーテーマに関する個別企業内での「セミナー」や「勉強会」の企画、開催のご相談も受け賜りしております。また、貴社の「マーケティング」や「営業力強化」、「人材育成」に関するご相談やお問合わせについても別途個別にご対応させて頂いております。詳しくは担当「後藤(tel:03-5227-5711)」迄お問合わせ下さい。

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600円(税込) テキスト代、昼食代含む
セミナーNo. 3305067

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top