斬新な商品企画・アイデアの生み出し方

斬新な商品企画・アイデアの生み出し方

アイデアを借りてきて“今までにない”を発想する!

マーケティング

新しい商品やビジネスモデルを企画・開発・販売するためには、今までにない"新しい"顧客価値をもち、事業的に成り立つ商品コンセプトを作る必要があります。

そこで今回のセミナーでは、講師の開発した「深速思考」を用い、常識を打ち破るアイデア発想を習得するため演習を交えながら解説します!


講師紹介

講師紹介

講師名 稲垣 公夫
所属 グローバリング株式会社 代表
略歴 1951年生まれ。東京大学工学部精密機械学科、ミシガン大学工学部IE・OR学科大学院卒業。大手電気メーカーの生産技術開発部門、本社の製造統括部門を経て1993年よりアメリカ駐在。アメリカ現地法人で経営企画担当副社長。アメリカ駐在時代からTOCやトヨタ生産方式を研究し本の執筆や翻訳を手掛ける。2002年からアメリカ大手EMSの日本法人社長。2010年に株式会社グローバリングを設立、リーン製品開発の研究・コンサルティングに専念。

【著書】「TOC革命」「EMS戦略」(2001年日経BP/Biztech図書賞受賞)「開発戦略は『意思決定』を遅らせろ!」「トヨタ式A3で製品開発」「深く、早く、考える。」「トヨタ式資料作成術」
【翻訳書】「ザ・トヨタウェイ」「トヨタ製品開発システム」「リーン製品開発方式」「トヨタのカタ」

セミナー概要

1.イントロダクション

 ・商品コンセプトはなぜ重要なのか
 ・「深く考える」ことで商品企画はどう変わる?

2.脳のクセを直すことで商品企画力を向上させる

 ・“新しい“を阻害する脳のクセ
 ・思考方法はトレーニングで改善できる
 ・「深く考える」ためのポイント

3.因果関係を思考する

 ・情報収集のポイントは“抽象化”
 ・抽象化で成功事例の本質を見極める
 【演習1】抽象化を使いこなすラベリング
 【演習2】因果関係マップを描く

4.アイデアは生まれるのではなく“借りてくる“

 ・他業種の成功事例を自社での「タネ」にする
 ・遠くからアイデアを借りてくるアナロジー思考
 【演習3】比べる力の基礎を鍛える
 【演習4】因果関係マップで類似点を見つけ出す
 【演習5】アイデアを借りて、自社に適用する

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600円(税込) テキスト代、昼食代含む
セミナーNo. 0616081

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top