ディスカウントストア徹底研究セミナー

小売業(リテール)

直近、再び、デフレ傾向の強まる市場環境下で確実に存在感を増している「ディスカウントストア」ですが、業態としての収益構造や特性は、他業態に比べ、情報が把握しづらいのが現状です。

また、徐々に存在感を増す「ディスカウントストア」と、サプライヤーとして、どのようなスタンスで取り組むべきかを課題にしているメーカー様も多いとお伺いしています。

本セミナーは、大手ディスカウントストアの顧問
を務める講師が、日本におけるディスカウントストア業態の現状と主力企業の特徴、ディスカウント激戦エリアにおける競争状況等を概観し、今後のディスカウント業態の展望とメーカーに求められる対応について、解説させて頂くセミナーです。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師 月泉 博
所属 株式会社シーズ代表取締役社長
株式会社ドン・キホーテ 顧問
略歴 1954年生まれ。関西学院大学法学部卒業後、山一證券、流通誌編集記者などを経て、91年(株)シーズを設立し代表取締役に就任。商業開発ディレクターとして、SCや大型商業施設、新業態開発等における調査、企画、指導業務に当たる。また、変貌著しい内外の流通・商業の最先端動向に詳しく、雑誌原稿の執筆や講演活動をこなす。著書に『よくわかる流通業界』(日本実業出版社刊)、『ドン・キホーテの革命商法』(商業界刊)、『流通戦略の新常識』(PHPビジネス新書) 『ユニクロ世界一をつかむ経営』  『情熱商人』など多数。

セミナー概要

1.現在の市場環境と各業態、ディスカウントストアの位置付け

・現況の経済、景気と今後の動向
・現在の上位小売業に見る競争軸と今後を読み解くキーワード
     ・GMS⇔ディスカウントストア。ポストGMSの行方は?
     ・CVS⇔小型スーパー
     ・SM ⇔郊外ドラッグ、ディスカウントストア
・日本における構造変化と米国の状況
・ディスカウント業態の起源と定義と日本型ディスカウントストアの現状と課題

2.主要ディスカウントストアの特徴と評価

1)ディスカウントストア上場企業に見る戦略と経営指標の特徴  
   ・各企業戦略:ストアコンセプトとポジショニング
   ・売上/収益構造(坪あたり売上/経費/粗利率・販管費率・営業利益率)  
   ・部門別売上構成比と部門別粗利率

2)ディスカウント激戦エリアに見る今後の勝ち残り論
   ・福岡県飯塚エリア:ルミエール・ダイレックス・MEGAドン・キホーテ・
    コスモス薬品・トライアル・Mrマックス
   ・千葉県市川エリア:西友・MEGAドン・キホーテ・オーケーストア
   ・大阪府大阪市エリア:サンディ・カノー

3.ディスカウントストアの展望とメーカーに求められる対応

   ・業態の現状課題と生き残るディスカウントストアの条件 
             「ジャパンオリジナルな業態確立」の必要性
   ・ディスカウントストアの今後の競争軸と成長性予測
             「競争軸は生鮮3品による集客へ」
   ・メーカーにおけるディスカウントストアとの取組のポイント


●●貴社のビジネスサポートも承っております●●

※弊社では本セミナーのテーマである「業態研究」や「調査」、「研修」等を お考えのお客様に対するビジネスサポートを行っております。
詳細はお問い合わせ下さい。

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込) テキスト代、飲料代を含む
セミナーNo. 0713043

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top