※【ホリスティック】・・・部分と全体を有機的・機能的に結合する

ホリスティック・マーケティング研究会2016

マーケティング

〜 タッチポイントの「役割」・「貢献」・「競合比較」を最新の事例で徹底検証! 〜


第1回 10月13日:「分析編」商品・ブランドとのタッチポイントを正しく把握する
第2回 12月15日:「戦略編」ビジネスに繋がるコミュニケーション戦略を考える
第3回 2月16日:「実践編」社内を動かし、施策の質を高めて成果に結びつけるための具体策




※【ホリスティック(holistic)】・・・包括的な、部分と全体の有機的・機能的な関係性




─もはや『マス広告』でブランドは作れない─


●デジタル広告がテレビ広告を逆転する日


holistic2016_1.jpg多くのメディアが取り上げているように2016年~2017年にかけて米国市場においてデジタル広告費がテレビ広告費を超えると予想されます。実際、米国市場で最も多い年間46億ドルの広告費のほとんどをTV広告などのマス広告に投資をしてきたP&Gでさえも2015年にはデジタルへの投資がすでに35%に及んでいるという分析があります。
さらに、変化の時代は未だ終わってはいません。FACEBOOK・LINE・TWITTERに代表されるソーシャルメディア企業は次々とテクノロジーを進化させていき、今後はユーザーを増やすだけではなく、人々が留まり・費やす時間を最大化できるプラットフォーム開発していくでしょう。
消費者には様々な新しいコミュニケーションのタッチポイントが生まれ、明らかに「マーケティング・コミュニケーション=テレビ広告」という時代ではなくなります。




●マス広告の限界:第三者の影響力を味方に


holistic2016_2.jpg早くから情報の多様化社会を予見し対応を図ってきたP&Gは、PRやソーシャメディアなどによる第三者からのコミュニケーションがマーケティングコミュニケーションの中で最も重要なタッチポイントの一つであると明言しています。
広告は効率的に特定の情報を伝えるには優れている一方、情報化社会では、より深い情報、そしてより信頼できる情報が求められます。
PRにより伝達される情報、ソーシャルメディアやブログなどで伝達される情報には広告で伝えられる以上の情報があり、さらに第三者の中立の立場として「情報としての重み」があります。消費者の購買行動、消費者の心理の中で作られるブランドに及ぼす影響は大きく、マーケティングコミュニケーションの中で、PRやソーシャルメディアは絶対に無視できない接点となっています。



●Change the rules!


「多様化する接点」「多様化する情報」この変化をとらえ、接点に対するあり方を変えることこそが、これからの自社のビジネス&ブランドを伸ばすための鍵といえます。
多様な情報があるマーケットで、短期的に売上をつくるには、全ての接点をコーディネートすることが欠かせません。短期的に一つのメッセージを伝えるためには各タッチポイントが一貫し、かつ効果的な連携作用を生み出す必要があるからです。
また、全ての接点をコーディネートし、ブランディングすることも中長期的なビジネスのためには決定的に重要なことです。今まではブランディングと短期的な売上は別のものととらえられがちでしたが、多様な情報があるマーケットではブランドとしての信頼が短期的な売上にも直結するといえるでしょう。
「マス広告に資源を集中するコミュニケーションのモデル」から、これからの時代に対応できる多様なコミュニケーションの「タッチポイントを包括的に活用するモデル=『ホリスティック・マーケティング』のコミュニケーション・モデル」を短期的にも、中長期的な成功のためにもこれをどう実践していくか、これからのマーケターの挑戦はここにあります!



●Change to the new model


holistic2016_3.jpg


ホリスティック・マーケティングへの取り組みの推進にあたって、
実際の調査事例を題材とした研究会を実施します。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 高田 誠
所属 株式会社オーセンティクス代表
元P&GマーケティングPR・広報部長
略歴 1987年東京理科大学卒業、P&Gの商品開発として数々のブランドを機能・シーズ開発としてカバー。特に洗濯に「除菌」という概念をプロダクト側から導入した立役者でもある。また、多様化している消費者に対応するためのグローバルなプロジェクトに参画。マーケティングPR・広報部長として、マス広告とPR、インフルエンサーマーケティングとを連動させたホリスティック・マーケティングに取り組む。2010年同社を退職し、現在、株式会社オーセンティックス代表として、持続的にブランド育成ができる仕組みづくりを支援している。

講師紹介

講師名 片寄 航
所属 株式会社インテージ
チーフアナリスト
略歴 外資系調査会社にて、調査企画から集計、分析を担当。 2009年インテージ入社。小売店POSデータ、リサーチデータの解析業務を経て、リサーチソリューションの開発に携わり、ブランドマネジメント、広告コミュニケーション領域の開発と実用化に取り組んでいる。

講師紹介

講師名 山本 崇了
所属 (株)アイ・エム・ジェイ
MTL事業本部 マネージャー/シニアコンサルタント
略歴 マーケティングコンサルティング企業、化粧品企業の事業責任者などを経て、IMJに参画。
現在はデジタル領域でクライアントへのマーケティング支援に従事。 生活者インサイトを軸に、UX、ブランディングを考慮したマーケティング支援を行っている。
支援企業は120社を超える。Net Promotor Score(R) 認定資格者。

セミナー概要

1.なぜ、ブランドが育たないのか?

  1)原因は、これまでのマスマーケティング?購買モデル?
  2)モノづくりに差がない中で、成果に違いを出すために必要なこととは
  3)全ての接点でブランドは作られる


2.ブランドを育てるための総点検

  1)ブランドコンセプトブックは、なぜ機能しないのか
  2)売上とブランド強化を両立する、売り上げながらブランド力を積み重ねる
  3)ブランドをつくる鍵


 3.ホリスティック・マーケティング研究会2016のご紹介


■研究テーマのご紹介■
・ホリスティック・マーケティングのためのターゲットの理解
・売上を伸ばし、ブランドを育てるコミュニケーション戦略
・ホリスティックマーケティングの施策
・効果の定量化と戦略的な投資配分
・ホリスティック・マーケティングのツールとプロセス

■研究会実施概要ほか

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 ・会場名:マーケティング研究協会セミナールーム ・住所:〒162-0814 東京都新宿区新小川町6-29アクロポリス東京9階 ・交通アクセス: 飯田橋駅徒歩10分  アクセスマップ
受講料 無料

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top