POSデータ分析・活用セミナー 〜入門編〜

【本セミナーの内容】
現在、多くの小売業のPOSデータが開示されるようになり、メーカー営業にとって、POSデータは手軽に活用できるものとなっています。
一方で、POSデータを効果的に分析し、営業活動の中で提案に結びつける為に分析する上での基礎をしっかり押さえ、「どのような場面でどう使うと営業活動に使えるか」という点に関しての知識が求められるのも事実です。


本セミナーでは、

 ・そもそもPOSデータをどう使っていいのか分からない。
 ・POSデータを入手しているが、営業活動の中で十分に使えていない。
 ・POSデータを活用しているが、効果的に使えているか不安がある。          

という課題や疑問をお持ちの方々に、POSデータの活用に向け、分析にあたっての基礎から、提案場面別の分析視点や提案の切り口等の応用まで事例を交えながら、解説致します。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 平林 信吾
所属 マーケティング研究協会
トレードマーケティング部
略歴 大学卒業後、花王株式会社入社。現・花王カスタマーマーケティング(株)流通開発部にて以後、 小売業に対する、自社カテゴリー・ブランド提案の下支えとなる、消費者調査、商圏分析システムの開発・活用推進等を担当。その後、市場POSデータを提供する企業等を経て、2011年、株式会社マーケティング研究協会入社。現職では、主に消費財メーカーの販売マーケティング全般の支援 (営業研修・分析支援・提案書作成支援等)をメインに活動している。

セミナー概要

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top