なかなか会えない部下に上手く動いてもらう法

なかなか会えない部下に上手く動いてもらう法

人材育成

仕事におけるコミュニケーションの大半をメールなどITに依存する昨今、昔は当たり前であった直接会ってのコミュニケーションの機会が益々減って来ています。

この講座では、遠隔地の部下を実際にマネジメントした経験を持つ講師が、実務を通じて培った実践的メソッドと具体的手法とともに、事例やショート演習を交えながらわかり易く解説します。


講師紹介

講師紹介

講師 岩城 徹也
所属 セルファクト株式会社代表取締役
略歴 大日本印刷(株)の法人営業担当を経て1990年、DHL Japanに転じ、法人営業、開拓営業を担当。大手を含む数多くの顧客開拓の実績を認められ営業マネージャーに昇格。その後TNT Expressに移り営業マネージャー兼トレーニングマネージャーとして全国各地で活動する営業部隊の統括と育成・指導に奔走する。
2012年にセルファクト(株)を立ち上げ代表取締役に就任。心理学やコーチングの考えを営業現場に活かした実践的な指導に定評が有る。 エグゼクティブ・コーチ、NLPマスタープラクティショナー、産業カウンセラーとしても活躍しながら、著書「タフな商談を必ず勝ち取る『外資系の交渉術』思いどおりの結果を得る6つのメソッド」(こう書房)等の執筆も手掛ける。

セミナー概要

1.「なかなか会えない部下」とのコミュニケーションの実態

1)部下と直接会える機会が益々減って来ている
2)「会って伝える」のと「電話やメールで伝える」のとの違い
3)部下の育成・指導の問題


2.「会えない部下」のマネジメント  〜どうすれば動いてもらえる?〜

1)なぜ部下が上司の思うとおりに動かないのか? 〜まずはマネジメントの基本に立ち返る〜
2)人が「動く」ために必要なこと 〜「理由」は必須、しかし理由だけでは人は動かない〜
3)仕事の基本は「自己管理」


3.離れていても自発的に動ける「目標設定」のポイント

1)モチベーションの根源を考える
2)部下に「ありたい姿」をイメージさせる
3)「目的」と「目標」の違い
4)実効性のある「目標設定」の要件


4.部下の自発性を引き出す「行動管理」

1)なぜPDCAをうまく回せないのか?
2)「見るべき」ところと「任せるべき」ところ
3)自ら報告させる仕組みづくり
4)忙しい中、お互いに合意できる「基準」作り


5.会えないときの部下とのコミュニケーションとフィードバック

1)上司がとるべき部下へのコミュニケーションの種類
2)「どうせやっても見てくれない」と思わせないためのフィードバック
3)効果的なフィードバックをするには「行動」に着目する
4)部下が「やらなかった事」への対応の仕方


6.貴重な機会を有効に使うための効果的な面談の仕方

1)「報告内容」や「考え」を自ら整理させる対話の技術
2)本音を引き出す質問の仕方
3)自ら「高い目標」を掲げたくなる“ツボ”を刺激する
4)客先同行の有効な活用法
5)「目的を定めない共有時間」を意図的に作る


7.現場を管理する者として明日からすべきこと

1)部下はマネージャーの何を見ているのか?
2)マネージャー自身の目標設定とPDCA
3)「目標設定」と「道標」の共有
4)マネジメントサイクルを回すために


◆セミナー終了後は、講師への質問・相談の他、ご参加者同士も含めた情報交換の場としてラウンジを開放しております。お飲み物やお茶菓子等をご用意しておりますので、是非ご利用ください。

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(東京 飯田橋駅 徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600 円 (テキスト代、昼食・飲料代を含みます)

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top