消費者に愛され続けるブランディングを実現する

キャラクターマーケティングセミナー

マーケティング

●株式会社ロッテさまよりゲストをお迎えし、「コアラのマーチ」の活用事例についてもお話しいただきます

キャラクターを活用したマーケティングは、今、大きく変化しようとしています。

「親しみやすさ」などを発揮するコミュニケーションから、これからは、ライセンスやコラボなどプラスαが求められています。
PB化が進む商棚対策としての活用など、キャラクターの最新動向とデータ、戦略的活用を成功に導くノウハウを紹介します。また、(株)ロッテ村尾雄一氏をゲストに迎え、 自社キャラクターの育成とコミュニケーション、ライセンス活用、実売効果などについて、最新の展開と併せて語っていただきます。

講師:
キャラクター・データバンク 代表取締役社長
陸川 和男氏

ゲスト:
株式会社ロッテ マーケティング統括部 第二商品企画部
チョコ・ビス企画室 チョコ・ビス戦略チーム
村尾 雄一氏


講師紹介

講師紹介

rikukawa.jpg

講師名 陸川 和男
所属 キャラクター・データバンク 代表取締役社長
略歴 広告・マーケティングの専門誌の編集者、マーケティング会社の研究員等を経て、2000年7月、株式会社キャラクター・データバンク(CDB)取締役ゼネラルプロデューサーに就任(現・同社代表取締役社長)。
CDB事業の統括を行うかたわら、キャラクタービジネスのアナリストとしてTV・雑誌等でのコメンテーターや執筆、講演活動なども行う。
また、2002年7月には、世界最大のライセンス協会LIMA(国際ライセンシング産業マーチャンダイザーズ協会)を日本に誘致し、LIMA日本支部を設立。現在、LIMA日本支部シニア・アドバイザー等、企業のアドバイザー業務も務める。

講師紹介

ゲスト 村尾 雄一
所属 株式会社ロッテ マーケティング統括部 第二商品企画部
チョコ・ビス企画室 チョコ・ビス戦略チーム

セミナー概要

1.キャラクタービジネスの動向とマーケティング戦略のポイント

 1)キャラクタービジネスの基礎と構造

 2) キャラクタービジネスの市場動向 
   〜この10年間で変化したこと〜

 3) キャラクターマーケティング戦略の基本プロセス

 4)キャラクターマーケティングの最新トレンド


2.顧客への訴求力を最大化するキャラクター選定の手法


 1) 「キャラクターイメージ調査2015」の結果にみるキャラクター特性

 2) キャラクター・パワー分析によるキャラクター選定の考え方

 3) 感性ではなく、データ(根拠)で判断するキャラクターの戦略的活用法


3.ロッテが取り組むキャラクター活用事例


ゲスト登壇

−「コアラのマーチ」のこれまでと今後−

発売から30年以上、消費者に愛され続けるキャラクターの使い方

株式会社ロッテ マーケティング統括部 第二商品企画部
チョコ・ビス企画室 チョコ・ビス戦略チーム 村尾 雄一氏


4.これからのキャラクターマーケティング

 1) 注目すべき3つのキーワード
  「My Character」 「UGC(ユーザー・ジェネレイテッド・コンテンツ)」 「カルチャライズ」

 2) キャラクターの戦略的活用の方向性


◆キャラクター活用の支援が可能です

 ●キャラクターの市場への浸透・認知拡大のための戦略・戦術の企画および立案

 ●保有されているプロパティの「権利許諾(商品化)促進」に関する政策の企画および立案

 ●キャラクターの市場導入戦略の素案の企画・立案

 ●商品はもちろん、プロパティの中・長期的トータルマーケティングプランの企画・立案

社内研修での実施も可能です。

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(東京 飯田橋駅 徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000 円 (テキスト代、飲料代を含みます)

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top