ケースワークで体得する「巻き込み型リーダーシップ」の実践法

人材育成

〜周囲を効果的に巻き込むための極意をご紹介します〜


せっかく良い企画や提案ができたのに、社内外に協力者がいなくて実現できない...。そんな想いを味わったことはないでしょうか?
分業化が進んだ昨今だからこそ、「いかにして関係者を巻き込むか」は仕事を進める上で重要な要素となっています。しかしながら、仮に同じ組織であっても部門が異なると目指す方向性の違いからなかなか説得できないといったケースはよくあることです。

このセミナーでは、そのような課題を持つ方や、そういった必要性に迫られている方に対し、『いかにして、ベクトルの異なる関係者を巻き込み、自身の仕事を完遂させるか』について、その手法に関する学びと演習を通じて「巻き込みのスキル」を習得していただくことをゴールとしています。
是非、奮ってご参加ください!


講師紹介

講師紹介

講師 高橋 宗照
所属 株式会社タカハシ&パートナーズ 代表取締役
略歴 中央大学卒業。大手ハウスメーカーに営業職として入社し20代後半に営業所長代理を歴任。常に営業チームをトップランクに導き多数の営業表彰を獲得。その後マンションデベロッパー会社に転職。事業計画の策定から販売計画の立案・実践までを経験した後、経営コンサルティング会社(株)船井総合研究所に入社。2002年に独立。現在は経営コンサルタント、セミナー・研修講師、講演活動、作家、FMラジオのコメンテーターなどで活動中。座右の銘は「一業に徹し一隅を照らす」

セミナー概要

1.リーダーシップとは何か?【講義、ショートワーク】

 1)マネジメントとリーダーシップの違いとは?
 2)誤解しがちなリーダーシップの機能と目的
 3)真のリーダーとは何か?
 4)いまだから必要とされるリーダーの「巻き込み力」
 5)あなたのリーダーシップ力とスタイルを知る


2.対象者別「巻き込む」ために必要な考え方と具体策【講義、ショートワーク】

 1)後輩・同僚・フォロワーを巻き込むやり方とは?
  1:まずリーダーはフォロワーのどこに関与すべきか?
  2:フォロワーのモチベーションを上げる方法
  3:夢と目標の違い〜目標の基準を知る
 
 2)上司・上層部を巻き込むやり方とは?
  1:上司の機能を認識せずには巻き込めない
  2:上司の性格から「ニーズ、期待すること」を把握する方法とは?

 3)プロジェクトメンバーや他企業などを巻き込むやり方とは?
  1:巻き込むためには「特徴」「利点」「価値}を区別して説明する
  2:関係者に「論理的」に「利益・価値」を提供する伝え方
  3:組織の壁を超えるためにリーダーがすべきことは何か?


3.関係者をその気にさせるための説得、交渉、プレゼンのポイントとは? 【講義、ショートワーク】

 1)人をその気にさせるためのプロセス(行動変容のプロセス)とは?
 2)共感、アクティブリスニング、ポジティブ変換の体験
 3)関係者に「一体感」を持たせるための板書の秘訣
 4)「人を動かす」プレゼン3要素を体験する
 5)少人数と大人数での説得、プレゼン方法の違いとは?


4.場面別ケーススタディ

 ケース1:チームで目標を達成したいのに、フォロワーが全然動いてくれないんです。
 ケース2:私がいくら提案しても上司が了解してくません。私の言い方に問題があるのでしょうか?
 ケース3:他部署と連携しなければならないのですが、なかなか組織の壁が超えられず悩んでいます。
 ケース4:プロジェクトリーダーを任されました。キックオフミーティングでチームの一体感が醸成
      できるようなファシリテーションやプレゼンテーションの方法ってあるんでしょうか?


5.振返り・まとめ

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top