実践!VMD:既存店の改善・活性化のハウツー&ノウハウ編

小売業(リテール)

今、改めてVMD (ヴィジュアルマーチャンダイジング)に注目が集まっています。
VMDは単なるディスプレイ手法や売場づくりではありません。
視覚的な効果を有効に使いながらお客さまに様々な提案をおこなう販売戦略であり、
お客様に対して「提案を見える化」させる手法です。
VMDのメソッドを有効に使うことで、同質化する店舗の中での差別化や客層の拡大、売場の鮮度維持など、顧客づくりと売上UPに直結する施策になります。

今回は皆様からのご要望の声にお応えして、これから新しい店舗や売場を作るための「企画・展開編」と既にある店舗や売場のための「改善・活性化編」の2回を開催し、VMDのノウハウとハウツーについて深く解説いたします。

 〇既存の売場にマンネリや改善の必要性を感じられている方、
 〇新しさや変化のある売場を作りたい方、
 〇店舗や売場に対して、指示やアドバイスをする立場の方、
 〇改装や新店の企画準備をされている方、
 〇売場のスペシャリストになりたい方、などに是非ご参加いただきたい内容のセミナーです。


講師紹介

講師紹介

深澤 智浩講師

講師名 深澤 智浩
所属 深澤企画 代表
略歴 大学卒業後、大手アパレルメーカーに入社。 伊勢丹新宿店などの旗艦店にてショップマネージャーを歴任した後、ブランドのヘッドマネジャーとして全国のVMD戦略を統括。その後、様々な業態や商品の店頭戦略を学び、深澤企画を設立。現在は、様々な業種・業態を超えて店頭戦略(VMD・ディスプレイ・SP・ブランディング)のコンサルティングや教育セミナーや企業研修でも指導にあたり人材育成にも注力。 お客様の買い方をベースとして業界の慣習を破った陳列や演出手法の開発は、「学びが多い」 「成果に繋がる」 と定評である。 直近の指導先としても、化粧品メーカー、酒類メーカー、食品メーカー、スポーツメーカー、家電メーカーから、食品スーパー、ショッピングセンター、バラエティストア、カーディーラー、ショールーム、銘菓店、美容室、タレントグッズショップまで多岐に渡って活躍中。



セミナー概要

1.既存店の改善・活性化に使えるVMDのメソッドとは?

   ・VMDとは?いま店舗に求められているVMDの役割・機能とは?
   ・売りたければ売りたいほど、お客様には価値を伝えられない!
   ・VMDのメソッドを改善点を洗い出すためのツールとして使う!


2.既存店の改善・活性化の具体的な考え方と手法

   ・なかなか改善できない最も大きな要因は、ターゲットのブレ
   ・顧客からの期待を考える!店舗の提供価値の分析
   ・VMDの変更により改善できる店舗の管理数値とは?
   ・既存店の現状分析手法とは?チェックすべき重要項目!
   ・動線、レイアウト、ゾーニングの整理の仕方
   ・VP→PP→IPのチェック(プロモーションから定番基礎陳列まで)


3.事例で解説!(プロの着眼点をお教え致します)

   ・既存店の改善・活性化のステップとポイント


4.多くの店舗で起こっている傾向と課題

   ・ライフスタイル提案の弊害!売り手都合のカテゴリー構成
   ・演出(プロモーション)、陳列(ディスプレイ)、在庫(ストップ)の混乱
   ・体系やセオリーのない経験のワザに・・・。

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top