技術の「種」、シーズを商品化するイノベーションの起こし方

マーケティング

【参加のお勧め】

製造業、非製造業に限らず、どんな企業にも社内に眠っている技術の「種(シーズ)」は何かしらあるものです。 しかし、その「種」を、顧客の要望(ニーズ)にマッチさせ、「ヒット商品」を生むのは至難の業です。 

だからといって、天賦の才能を持った人のひらめきだけがヒット商品を生み出すわけではありません。ヒットの確率を上げるための戦略理論・マーケティング理論は誰でも学んで、実務に活用できます。元ソニーの新規事業開発担当マネージャーの講師が、ソニーでの実務やコンサルティングの現場で活用している戦略理論・マーケティング理論を事例も交えながら分かりやすく説明します。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 古森 創
  株式会社古森コンサルタンツ 代表
略歴 九州大学を卒業後、ソニー株式会社にて営業・マーケティング・経営監査・新規事業開発に携わる。ソニーでは主に電子デバイス関連の新規事業開発を担当し、TVチューナーデバイスによるテレビ付き携帯電話の市場創造や、リチウムイオン電池の電動工具、掃除機向けの新市場開拓、コンピュータ用磁気ディスクでは民生品チャネル、量販チャネル開拓などに携わる。2009年に独立し新規事業開発など「売れる仕組みづくり」を中心にマーケティング・営業・経営管理の支援・指導、人材育成、講演・研修、執筆等に活躍している。
主要著書:「新規事業開発成功のための80ステップ」(三修社)、「中小企業のためのビジネス企画の立て方、作り方」(武蔵野商工会議所)

セミナー概要

1章 今、技術者、研究者に求められるに求められるイノベーション・マインド
 1.「高機能」や「高性能」で売れたのは過去のこと
 2.技術開発、研究開発担当者の今日的課題  〜「MOT(技術経営)」のコンセプトと現実とのギャップ 〜
 3.「イノベーション」とは何か?
 4.イノベーションに必要な「知識」と「マインド」


2章 新商品・新事業のアイデアを生み出すヒントと考具

 1.自社技術の多用途展開を考えるツール
 2.視点を変えて考える技術
 3.顧客ニーズの5つの基本
 4.「技術イノベーション」だけが新商品・新技術を生み出す訳ではない


3章 商品化までの難関を超えるために役立つ手法

 1.低コストで簡単にできる調査方法
 2.企画を通すシナリオの作り方
 3.「シーズ(種)」と「ニーズ」を結び付けるために


4章 顧客や営業をリードするために必須のマーケティング基本理論

 1.「マーケットイン」はもう昔
 2.基本を理解しつつ、新たな顧客を探す
 3.他社との「違い」を一目で伝える方法
 4.営業にハッパをかける理論武装

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top