ベトナム・フィリピン・インドネシアにおける戦略的チャネル構築の方法

営業力強化(消費財)

■ 海外での販売網の構築、できていますか?? ■

「世界で売る」ために最も重要なことはチャネル(販路)の構築にあります。
本セミナーは、海外販路の開拓法と販路構築の手法にフォーカスし、徹底解説いたします。


講師紹介

講師紹介

講師 森辺 一樹
所属 スパイダー・イニシアティブ株式会社 代表
略歴 海外販路構築のスペシャリスト。10年以上にわたり1000社以上の海外展開の支援実績を持つ。上場企業4000社の約半数との取引実績。アジア新興国市場の販路構築 / グローバル・マーケティングが専門。海外市場開拓コンサルタントの第一人者として、新聞・テレビ等各種 メディアでも活躍中。

セミナー概要

第1章 失敗する企業の法則

  ・一カ国一代理店制度は通用しない。
  ・現地財閥や同業種との提携の落とし穴 – 相手任せの販路は確率が低い
  ・『輸出ビジネス』から『チャネルビジネス』への大転換

第2章 欧米メジャー、ローカルメジャーに学ぶASEANチャネル構築

  ・ここまでやっている欧米メジャーのチャネル構築
  ・日本企業と欧米企業のチャネル構築の違い ー 近代小売だけでは儲からない
  ・導入期は、『選択と集中』。成長期は、徹底的に『間口数』×『BTL』
  ・近代小売との交渉術。並べるのは易し、売るのは難し。
  ・欧米メジャーが活用するディストリビューターの共通点

第3章 実践!ASEAN市場参入戦略立案の具体的方法

  ・3つの環境を可視化しろ ー 『自社』・『市場』・『競争』
  ・競合を紐解くことが戦略の精度を決める
  ・導入期戦略と成長期戦略の鉄則 - 間口カバレッジと店頭シェア
  ・近代小売はこう攻めろ!伝統小売はこう攻めろ!
  ・強固なチャネル戦略がシェアの伸びしろを決める
  ・重要なのはディストリビューション・ネットワーク

第4章 実践!ディストリビューション・チャネルはこう創れ

  ・ディストリビューターの選定方法 – ダメな相手と良い相手の見分け方
  ・ディストリビューターは『スキル』と『マインド』で選べ
  ・ディストリビューター活用は、セールスとデリバリーの機能を分けろ
  ・ディストリビューターとの契約時にはここまで握れ
  ・ディストリビューター・マネジメントのコツ(管理・育成)

第5章 まとめ

  ・ラップアップ
  ・質疑応答(長めに時間を取り、参加者の課題をその場で解決)

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top