コスモス薬品徹底研究

【セミナーの狙い】
「コスモス薬品」は、九州を地盤に中国・四国・近畿への展開を進め、2015年5月期には店舗数650店舗売上高4000億円を突破し、右肩上がりの急成長を続けています。今やドラッグストア業界のみならず、食品スーパー業界にまで大きな影響を与えるビッグチェーンとなっています。

本セミナーでは、この注目ドラッグチェーンである「コスモス薬品」は何がスゴイのか?他のドラッグストアと比較しながら、マーケティング・マーチャンダイジング・店舗オペレーション・組織運営などの観点から解説します。それらの最新動向を踏まえ、そこから見えてくる今後の方向性を踏まえて、競争戦略・業態開発・出店などの今後の展望を推察します。その中で、取引先メーカーは、どのように対応すべきなのか?競合ドラッグストアはどのように対策するのか?についてを明確にします。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 有田 英明
所属 ドラッグストア開発研究会
略歴 広告代理店、業界誌の編集者を経て、平成元年独立。流通業界・小売業のコンサルティング、流通業分析、流通業のマーケティングおよびプランニングを得意分野として指導・コンサルティング活動で全国的に活動中。
流通チャネルコンサルタント。
平成3年から「スーパードラッグストア研究会」をスタート。会員数は過去40社を超える。(ドラッグストアのバイヤーや売り場担当者の指導も多い)



セミナー概要

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top