【無料紹介セミナー】消費財メーカーの販売戦略と提案シナリオ策定

企画の背景と概要

「市場環境の変化対応で、業績は二極化」

消費税率アップ後の消費動向は、大手企業の好調な業績や過去最高となった夏のボーナスを背景に景気が上向いてくると言われる中、2015年4-6月のGDPはマイナス成長、7月の消費者態度指数(一般世帯)の低下という発表もあり、依然として厳しい環境となっています。

また、輸入原料が多い業界においては、ここ数年の円安ドル高による原価高騰の影響を受け、製品原価は上げ基調にある一方で、インバウンド市場の活況に伴う需要喚起の要因もあり、一言で、好不調要因を読み解く事が難しい状況です。
こうした複雑な市場環境の変化に対応が出来た・出来ないで、企業業績の二極化を生んでいると言える状況です。

「新製品育成のPDCAとその事例を解説します」

第1部では、15年3-8月の上期の主力企業業績のマクロな市況を踏まえながら、業態・企業による好不調要因のレビューと、そうした現状を踏まえ、今後、メーカーとして求められる対応について、お話しをさせて頂きます。

第2部では、株式会社マーケティング研究協会において、厳しい市況の中で、自社新製品を育成する為のPDCAのプロセスに沿って、新製品のマーケティング戦略 ⇒ 標準的な提案シナリオの理解 ⇒ キーアカウントへの提案と支援⇒ KPIの評価・レビューを一貫して回した事例をご紹介させて頂き、皆様の社内業務プロセスの見直しと新製品育成のヒントの一助にして頂ける事例をお話し致します。

なお、セミナー終了後は、弊社のコンサルタント・企画営業担当者にお気軽にご相談頂ける「相談会」を企画しております。弊社の豊富な業務支援事例等を踏まえ、ご対応させて頂きます。

本セミナーを2016年春夏以降の営業戦略の推進の一助にして頂ければ幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。


■ご参加者にもれなくレポート無料進呈!
【15年上期レビュー】
市場トレンド&大手チェーン量販の動向


講師紹介

#include virtual="/lecturer/000232.inc"-->

セミナー概要

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top