事業開発

環境変化の激しい現代マーケティングにおいては自社を巡る外部環境が、どのように変化するのかを、しっかりと見極めた上で経営資源の重点化を図る必要があります。
重要なのは「今どのような状況」ではなく「今後どのような環境となるのか」といった未来を見据えた状況設定です。
未来状況をシミュレーションした上で、自社としてどのような機能や強みを生かして事業機会とするのかが重要なポイントとなります。


事業戦略 リサーチ&コンサルティングの流れ

1.マクロ環境の予測(PEST分析)

政治・経済・社会・技術の観点から、3−5年後の経営環境に大きく影響を及ぼす事象を抽出する

2.業界市場環境の予測(5Forces)

業界内の動向、顧客の動向、供給業者を基本として、新規参入企業、代替品の視点を加味して重要な変化要因を抽出する

3.未来予測

1.2.で抽出した重要な変化ドライバーの関係性から3−5年後の大きな変化要因を見出し、考えられ得る将来状況を複数設定する

4.事業機会の創出

3.で得られた将来状況において自社のコアコンピテンスが最も活かせる、事業機会を見出す
各将来状況において、それぞれ事業機会を見出す

5.ビジネスモデルの検討

事業機会を活かすビジネスモデルを検討する
「ターゲット」、「提供価値(競合優位)」、「収益モデル」に関してオリジナリティのある計画を立案する


事業戦略 導入事例

豊富な経験から必要な情報を最短時間で収集し、魅力ある戦略オプションを提示することが可能です。

1.研究用機器の新規ビジネス事業開発支援
2.農業分野のおける事業企画立案支援
3.ERPソフト市場浸透戦略立案
4.家電製品新商品開発戦略立案


事業戦略の企業研修

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズを的確に把握し、業界、業態を最適な方法、解決策をご提案。
リサーチ、診断・分析、プランニング、実践研修に至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング