人材育成&業務支援マーケティング

マーケティング基礎教育から、商品企画の実務や研究開発部門のマーケティングまで支援します。商品企画プロセスである、市場理解、アイデア発想、コンセプトデザイン、戦略立案・実行を、貴社に合わせた業務プロセスの構築と業務プロセスを実践できる人材育成(スキルアップ)の両面からサポートします。数多くの事例、さまざまな専門領域を持ったエキスパートとのネットワークを活用して、最高の結果を目指してお客さまとともに考えていきます。

1
市場理解 ・消費トレンド
・消費者理解
・産学連携研究
2
アイディア発想 ・イノベーション
・デザイン思考
・開発ワークショップ
3
コンセプトデザイン ・商品コンセプト設計
・ブランディング
・ペルソナ設計・調査
4
戦略立案実行 ・プロモーション戦略
・予算・実績管理
・開発&営業連携

マーケティング研究協会のサービスについて

マーケティング研究協会ではご要望に応じて支援内容をカスタマイズさせて頂きます。単なる知識習得や座学の研修にとどまらず、現場課題を解決するための実践的なサポートを目指しています。

トレーニング&ワークショップ
貴社の方針や戦略に合わせて、柔軟にカスタマイズしたトレーニング&ワークショップをご提供いたします。
仕組みづくり
マーケティング業務支援〜マニュアル化など、仕組みづくりをサポートいたします。
アセスメント
(診断)
マーケティング人材育成アセスメントによって現状把握〜課題発見〜改善検証までサポートいたします。
コンサルティング
新商品開発のプロセス、コンセプト開発手法など、一連のプロジェクトをサポートいたします。
市場理解
市場・顧客・競合の環境変化を正しく捉える

国内需要の縮小、コミュニケーション手段の多様化、販売チャネルの変化などさまざまな環境変化がどのように起こっているのか、その変化により顧客の意識、購買行動はどのように変化しているのか。事実を客観的に捉え、仮説を導き出す力をトレーニングします。

・市場・顧客・競合情報の収集と分析
・リサーチデータの読み方、生かし方
・定点調査とDB化支援  など

アイディア 発想
創造的アイデアでニーズを満たす

創造的発想というと、天才的な発想をイメージしますが、実際のアイデア発想はさまざまな事象の組合せなどから導かれる場合が多数です。個々人がこれまで思いつきで進めていたことを体系的に、スキルとして整理して使いこなすことが求められています。

・アイデア発想の基本トレーニング
・イノベーション・新規事業創造プロジェクト支援
・マーケティング・商品企画会議ファシリテーション  など

コンセプト・デザイン
欲しいを形にする

自身のアイデア、企画をコンセプトとしてまとめ上げ、周囲を説得していくためにコンセプト立案力が求められます。優位性のあるコンセプトはその人・製品の世界観(らしさ)となり大きな差別化要素となります。コンセプトを形にし、具体化する要素がデザイン構築力です。その領域は商品開発・ブランド開発・サービス開発と多岐に渡ります。

・ペルソナによる商品コンセプト開発
・ブランドステートメント創造
・新商品企画プロジェクト支援  など

マーケティング戦略立案
実行される戦略の立案

自分たちの考えや思いを集団や組織の施策として周知し、周囲のメンバーや他部門のメンバーの協力を得て、共に活動してもらうために、考えや思いを戦略化し必要性、必然性を説得しなければなりません。 実効性の高い戦略の立案だけでなく、いかに周囲に伝え賛同を得るか、その手順もまた重要になります。

・マーケティング戦略立案トレーニング
・説明会のすすめ方
・営業マネジメントの強化  など

マーケティング研究協会の取引実績企業

マーケティング研究協会では研修だけではなく、課題の発見や、現場への定着というフェーズもご要望に応じてご支援いたします。

  • エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
  • エプソン販売株式会社
  • オムロン株式会社
  • タカラベルモント株式会社
  • 共同印刷株式会社
  • KDDI株式会社
  • 株式会社ジェイティービー
  • 株式会社ジーエス・ユアサ/株式会社ジーエス・ユアサバッテリー
  • 住友重機械工業株式会社
  • ダイキン工業株式会社
  • 大陽日酸株式会社
  • 株式会社東光高岳
  • TOTO株式会社
  • 東北電力株式会社
  • 日機装株式会社
  • 日本電気株式会社/NECネクサソリューションズ株式会社
  • 浜松ホトニクス株式会社
  • 株式会社PFU
  • 富士通株式会社
  • 富士電機株式会社
  • 古河電工株式会社/株式会社KANZACC/古河エレコム株式会社
  • 株式会社ブリヂストン/ブリヂストンタイヤジャパン株式会社
  • 株式会社リコー
  • など

マーケティング全社教育 事例

“全社員がマーケティングマインドを持つ”をスローガンにスタートしたマーケター人材育成プロジェクトの支援事例です。

お客様の
現状分析
“マーケティングはマーケティング部署だけが、考えるものではない、全社員がそれぞれの立場で自分に何ができるかを考え・実行する“という社長方針の元、プロジェクトがスタート。但し、それまでは全くマーケティング教育は実施していなかった。
ご支援内容の
開発
数千名の中からどのように第一期生を選出するか、知識付与のみで終わらせないワークショップの仕組みづくり、成果発表や修了後のアセスメント等、一過性にならないマーケティング人材育成プログラムを2か月に渡り開発。
実行支援の
実施
①エントリー方法、選抜方法
②反転学習開発(下記参照)
③ゲストスピーカー等、講師陣の選定
④成果発表方法
⑤終了後アセスメント
定着化
従来型の研修は、教室の中だけのもの。実務に結びつけるために上司の理解と成果発表のためのオフサイトワークショップにより、考える習慣・実務に結びつけるさまざまな工夫を実施。
●実施企業ご担当者の声
従来型の研修会の常識を打ち破ることが最初の目的でした。それまでの当社は「研修は、研修」という、実施する事(受講する事)が目的となってしまっていました。

マーケティング部署ではない人たちにマーケティングを理解させ、自分の仕事に置き換えて何が出来るかを考えさせる事はかなりチャレンジングな取り組みでしたが、実施をしてみるとマーケティング部署にはない新たな発想、営業部門・カスタマーサービス部門・研究所等とマーケティング部門との連携強化等、様々な効果が驚くほど見えてきました。

また今回は“反転学習”を取り入れていただいたので短い時間で有意義な教育ができました。
●弊社担当より
クライアント様と毎週のようにディスカッションを重ね、こうした成功事例をつくることができました。

人材育成のコンセプトや方法は日々時代と共に変化していきます。高いゴールを設定し、既製服に囚われない柔軟な発想でプランニングしていくことがいかに大切か、今回のプロジェクトを通して改めて感じることができました。

本教育で採用された“反転学習”モデル

反転授業(はんてんじゅぎょう、英語: flip teaching)は、ブレンド型学習の形態のひとつで、生徒たちは新たな学習内容を、通常は自宅でビデオ授業を視聴して予習し、教室では講義は行わず、逆に従来であれば宿題とされていた課題について、教師が個々の生徒に合わせた指導を与えたり、生徒が他の生徒と協働しながら取り組む形態の授業のこと。


●講師インタビュー (YouTubeへリンクします)

●事前学習 
サンプルビデオ

■ご案内書をご覧いただけます。→PDFファイルが開きます

【一般的な習得】
一般的な習得
【反転習得】
反転習得

本教育では、集合研修の前に事前学習ビデオ(YouTube)と事前学習テキストで前もって学習していただきました。集合研修の当日は、短時間の質疑応答を終えるとすぐにケーススタディ(ディスカッション)に入ります。これにより、短い集合研修時間(1回あたり4時間)でも多大な成果を上げることができました。

●受講者の声(受講6か月後の振り返りシートより) ・マーケティング初心者なので事前にYoutubeで勉強できたのが、助かった(反転学習)
・これだけ体系立ってマーケティングを勉強できたのは素晴らしい経験になった
・最終回のトッププレゼンで、それまで学んだフレームワークが活かせた
・ゲストのお話が興味深い。特に失敗談は今後の教訓にしたい
・7回シリーズのつながりがあって、毎回次の研修が楽しみだった
・部内の会議で研修で学んだことが共通語になってきた、と感じた
・思いつきでプロモーションを打つことがどれだけ無駄な投資かが分かった
・ケーススタディーが身近な商品・ブランドだったので、議論し甲斐があった
・7回を通してファシリテータの方が、最終回(トッププレゼン)までリードしてくれた

商品開発プロセスの業務支援事例

【Step1】
環境分析
現状把握

【Step2】
アイディア創出
コンセプトデザイン

【Step3】
マーケティング戦略の構築商品の具現化

【Step4】
市場導入に向けて

上市に至るまでの商品開発のプロセスを段階的に進行していきながら、市場性の高い確実な情報と検証に基づいた根拠で開発業務を進めていきます。さらに開発部門、マーケティング部門、管理部門(生産・物流)、営業部門との業務連携もご支援することでマーケティング力を高めていきます。

お客様の
現状分析
研究開発部門やマーケティング部門担当者に、商品開発業務のプロセスを理解させたい、部門間連携でチーム力を向上させ、新しいアイデアで商品の活性化を目指していきたい。
ご支援内容の
開発
知識や情報収集の学習スタイルではなく、実務に沿った商品開発支援プロジェクトを発足。社内役員会議で稟議提案することをゴールとし、企業様の要望に応じたコンテンツを組み入れた開発支援プロクラムを設計。
実行支援の
実施
月2回の定例会を中心に研究開発部とマーケティング部が複数チームに分かれ、現状の課題に対し意見を出し合い、行動計画を立てる。現状把握の情報収集分析からアイデア出し・コンセプト化、消費者調査の検証、商品企画提案書の作成を行う。
定着化
プロジェクトチームの中から、選ばれた商品企画案を社内の役員会議でプレゼンテーション。市場導入に向けて準備。
商品企画プロセスの標準化
自社内の課題 商品企画プロセスが体系立てられていない。組み立てができている担当者とのバラツキが大きい
ご支援する
ポイント
  • 標準的な商品企画プロセスを体系化。
  • 標準プロセスをベースとして各担当者が創意工夫していく。
プロジェクトで
改善した点
  • ワークショップを通して、自社の状況を踏まえた、商品コンセプトを構築できた。
  • マニュアル化(簡易)することで社内ナレッジが蓄積された。
課題発見・仮説構築 スキルの向上
自社内の課題 マーケティング・開発担当者の「客観的にモノゴトを観る力」、「データを読み込む力」が不足している。
ご支援する
ポイント
  • 基本的な統計知識を持ち、共通言語化していく。
  • マーケティングリサーチの結果や販売実績から「要は何なのか」を考察する力をつけていく。
プロジェクトで
改善した点
  • ワークショップ全般を通して、データをもとに客観的に語る習慣が根付いた。
  • 思い付きや、突飛な発想ではなく、誰もが納得できる論理性を身に付ける事ができた。
インサイトの抽出
自社内の課題 生活者の具体的な使用シーン(購入実態から使用実態、廃棄までの状況)を掴みきれていない。
ご支援する
ポイント
  • 商品を購入してから廃棄するまでのサイクルを実際の使用シーンを含めて把握する。
  • 1つ1つのアクションの背景となる意識、感情を収集する。
プロジェクトで
改善した点
  • 観察調査のスキルを身に付け、実際に調査を担当することによって、生活者の実態を肌で感じることができた。
  • インタビュアを担うことで、課題設定、仮説立案スキルが向上した。
PDCAサイクルの構築
自社内の課題 上市後の効果測定を販売データなど定量的なものに依存している。一貫した改善アクションに展開しづらい。
ご支援する
ポイント
  • ターゲットに対し、商品コンセプトをしっかりと伝達することができたか否か、行動を誘引することができたか否か、評価指標を設け、検証する。
  • その要因(ボトルネック)も抽出できるようにコンセプト設定段階に設計する。
プロジェクトで
改善した点
  • コンセプト開発時の仮説を明確にし、その検証を行うための指標を設定。開発プロセスのフェーズで定着させた。
  • 理的で客観的な視点でPDCAを展開することができるようになった。
●受講者の声
  • 突き詰めて考え、言いたい事が言える雰囲気、チームとして議論することができた。
  • 他部門の方との関わりの中で、自身を成長させることができた。
  • 多くの人と仕事をし、チーム重要性を知ることが出来た。
  • 絆を与えてくれたメンバー、PJTに感謝している。言いたいことを言える、ぶつかる勇気を持てた。欠点、長所も認め合えるPJTだった。