ケースで学ぶ新しい思考「プロフィット・シンキング」

“儲かる戦略”の考え方・組み立て方

マーケティング

営業・販売

事業開発

戦略・ビジネスプロセス・財務会計を融合させ“考動”するために必要な切り口


講師紹介

講師紹介

森 達哉講師

講師 森 達哉
所属 オフィス・プライフィス 代表
略歴 一橋大学商学部卒業。総合商社のM&AチームにてM&Aアドバイザリー業務を担当した後、大手建材メーカーにて、営業企画・経営企画・特命プロジェクト業務・人事制度改革・新規事業立上げなどを経験。
その後、未上場の医療機器メーカーにてグループ会社の経営再建をトップマネジメントの立場から経験し、経営再建を主導。就任後の翌期決算にて過去最高営業利益を計上する。退任後、経営コンサルタントを経て、MBOファンドのディレクター・パートナーとして、バイアウト投資業務に従事すると共に、複数の投資先企業の社外取締役となり投資先の企業価値向上を支援。
2012年11月よりオフィス・プライフィス代表。複数の企業での経営実務経験に根ざした研修セミナーや各種コンサルティングを行っている。

セミナー概要

1.オリエンテーション

1)「経営視点」とは何か?なぜ必要なのか?

2)事業経営の原則と利益の考え方を正しく理解する

2.戦略はなぜ絵に描いた餅になってしまいがちなのか?

1)そもそも戦略とはなにか?戦術と何が違うのか?

2)戦略の本質は「違い」と「長期利益」を生み出すこと

3)戦略が業績に結びつくために必要な4つの視点とその融合
   @業績目標 Aマーケティング B組織提供能力 Cヒューマンリソース

★事例研究@ 「家具小売企業2社の戦略の違いがおよぼす収益性の違い」
★事例研究A 「外食企業B社の苦悩」

3.高収益企業は他の企業とどこが違っているのか?

1)なぜ戦略が業績数字に結びついているのか?儲けの視点とは?

2)儲けを生み出すために必要な3つの視点
   @スマイルカーブとソリューション
   A顧客にとっての超利便性  
   B規模の経済&ネットワークの経済および範囲の経済


★事例研究B「建設機械メーカーの利益率の違い」
★事例研究C「コネクタメーカーのポジショニングの違い」
★事例研究D「文具通販企業の収益構造の違い」

4.戦略立案に必要なプロフィット・シンキングのポイント

1)重要な利益モデルの理解とコストに対する考え方

2)これまでの大企業における利益モデルの前提条件とは?

3)利益構造を考えるためのヒント

★事例研究E「利益政策の違いによる収益構造」
★事例研究F「ハウスメーカー2社の戦略−事業収益構造−利益モデルの比較」
★事例研究G「水処理装置メーカー2社の戦略−事業収益構造−利益モデルの比較」
★事例研究H「小売業における規模の経済性追求の苦悩」

5.戦略をどのように行動に落とし込んでいくか?

1)「数字を創る」思考と「考動」の重要性

2)求める“結果”を創り出すためには、結果を生み出す“原因”を創ることが必要

3)4つの視点を「構造化する」「時間軸で考える」「統合化する」

■統合マップ事例紹介「不動産サービス企業」「中堅化粧品メーカー」

4)統合マップのチェックポイントとクリティカルパス

5)実行計画を検討する上での優先順位付けと絞り込みの方法

6.まとめ 〜事業の継続・成長にとって大切なこと〜

開催日時 2015年11月17日(火) 10:30〜17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600円(税込) テキスト代、昼食代込
セミナーNo. 0916011
ご案内PDF

セミナーの「お申し込みから受講まで」の流れをご確認ください。

FAXでお申し込みPDFお申し込み用紙をご使用いただき、
FAXでもお申し込みいただけます。(PDF:89.7KB)

本セミナーは企業内研修としても実施が可能です。
御社のニーズ、課題点をお聞きし、より実践的な研修にカスタマイズいたします。お気軽にお問合せください。
企業研修などについてのお問い合わせ



営業・販売の企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズを的確に把握し、業界、業態を最適な方法、解決案をご提案。
リサーチ、診断・分析、プランニング、実践研修に至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング