部門達成率を飛躍的に向上させる4つの手法

〜「部門(チーム)&部下の本気」を引き出すマネジメントの「仕掛け」〜

営業・販売

当セミナーでは、

なぜ組織の目標が達成できないのか?

を明確にして、解決へのマネジメント手法を提案します。

「なぜ目標が達成できないのか??」

理由1:部下にとって、腹落ち感のない目標であるから。
     →本来、腹落ち感はなにで作られる?

理由2:部下からみて、達成期待感を抱けない計画であるから
     →本来、達成期待感は何で作られる?

理由3:成果を作る行動とそのスピードを部下と共有できていないから
     →本来、成果を作るスピードは何で作られる?

理由4:先手評価ではなく、終わったことの評価に終始しているから
     →本来、先手評価はどのように行う?

目標設定→計画立案→実行進捗の確認→評価検証の各段階における実行性のある手法を紹介します


講師紹介

講師紹介

清水 輝幸講師

講師名 清水 輝幸
所属 株式会社レジリエンス代表取締役
略歴 1958年生まれ。ペンシルベニア大学ウォートンスクール(MBA)卒業。 外資系(プラウドフット・ジャパン)・日系(日本経営システム研究所)のコンサルティングファーム勤務を経て、2006年に独立し、潟激Wリエンスを創業。事業再生、マネジメント変革、グローバルマネジメント、マーケティング戦略、営業戦略の実行支援において多数企業で実績があり、特に業績不振企業に対してマネジメント力の強化を通じた企業価値向上のコンサルティングで評価を得ている。
コラム 6ヶ月で収益力を飛躍的に改善する方法
セミナー 部門達成率を飛躍的に向上させる4つの手法

講師詳細

セミナー概要

1.組織で計画&目標が達成されないのは何故か?

− 部下にとって、腹落ち感のない目標であるから
− 部下からみて、達成期待感を抱けない計画であるから
− 成果を作る行動とそのスピードを部下と共有できていないから
− 先行評価ではなく、終わったことの評価に終始しているから

2.組織の目標を達成へ導けるマネージャー像の考察

− 誰もが納得する「ロジック(論理)」を組み立てることができる
− 自分と部下の「エモーション(感情)」を鼓舞することができる
− 「ロジック」×「エモーション」×「時間」をシンクロさせるプロデューサー

3.目標達成に導くチカラ=(部下の)論理のチカラ化×(部下の)感情のチカラ化

− 論理のチカラ化とは?
  ・・・今まで見えていなかった「問題=改善機会」を原因とともに明確にする
− 感情のチカラ化とは?
  ・・・「退路を断ち」「やり切る」環境を意図して生み出す

4.確実に成果を生み出すPDCAマネジメントの仕掛け作り

・目標設定編
・計画立案編
・実行・進捗確認編
・評価・検証編

− 「目標」「計画」「実行」「評価」ごとに目標達成に直結する仕掛けをつくる
    〜 「ロジック」×「エモーション」×「時間とのリンク」から生み出す 〜

 @ 取捨選択ができていて、理由が明確な「目標」のつくりかた
 A 達成への期待感を持たせる「計画」のつくりかた
 B 組織・部下がワクワクしながら「実行」できるチャレンジ環境のつくりかた
 C 問題の予兆を解決する「評価」のすすめかた

− 事業再生コンサルタントが活用する厳選ツール紹介&エクササイズ


※ 応用可能なツール&厳選事例を豊富にご紹介します ※

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)
セミナーNo. 0512111
ご案内PDF

本セミナーは企業内研修としても実施が可能です。
御社のニーズ、課題点をお聞きし、より実践的な研修にカスタマイズいたします。お気軽にお問合せください。
企業研修などについてのお問い合わせ



営業・販売の企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズを的確に把握し、業界、業態を最適な方法、解決案をご提案。
リサーチ、診断・分析、プランニング、実践研修に至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング