<マーチャンダイジング> 仮説力・提案力UP↑セミナー

販売促進

インストアマーチャンダイジングの深い理解と実務での活用

「こうしたらもっと売上が上がるのではないか?」

近年、リテールテクノロジーの急激な発展により、POSデータ、購買行動データを駆使したマーチャンダイジングへの取り組みが増えています。その一方、弊害としてメーカー・卸・小売業の
担当者が、「売場を知らない」 という声も多く聞こえてきています。

店頭を基点としたインストアマーチャンダイジングの考え方は、売場を見る力を高め、販促企画・棚割提案・売場課題の発見POS分析などのベースの考え方として機能します。

本セミナーでは、「売り場・売り方」の仮説力・提案力を高めることを目的として、実験事例を交えて体系的に解説いたします。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 渡邊 隆之(わたなべ たかゆき)
所属 東京未来大学教授  沖縄大学客員教授
略歴 1977年学習院大学経済学部卒業。1979年早稲田大学大学院商学研究科博士前期課程 修了。(株)イトーヨーカ堂を経て、1987年(財)流通経済研究所入所。1991年学習院大学 大学院経営学研究科博士後期課程修了。この間、同研究所にて主席研究員、理事を経て、 1992年より創価大学、東京理科大学でも教鞭をとる。マーケティング、流通全般についての 研究に取り組み、小売業とメーカーの協働研究も数多く手掛けている。小売業・卸・メーカーへの 教育研修の講師も多く務め、その豊富な経験に基づいた指導はわかりやすいと定評がある。

講師詳細

セミナー概要

1.マーケティングにおける店頭の重要性

   ・これまでのマーケティングの発想の限界
   ・広告効果の変化と売場の位置づけ
   ・少子高齢化社会における売場と品揃え
   ・消費者の期待・購買・満足の3視点
   ・購買行動の変化と新たな購買行動モデル
   ・売場機能と小売・卸・メーカーの課題

2.売場での購買促進の実践

   ・買う理由や価値とその判断基準
   ・購買判断を容易にする様々な店頭での施策
   ・消費者が売場で感じるコストや不満

3.小売業の売上構造と売場生産性の理解

   ・売場での生産性の高め方
   ・小売店舗の戦略ロジックの理解
   ・売上構造を用いた業績把握・課題発見

4.ISM(インストアマーチャンダイジング)の理解と活用

   ・売場づくりによる売上変動要因の理解
     @レイアウト
     Aカテゴリー配置
     B動線からの位置
     Cグルーピング
     Dゾーニング
     E売場位置の優劣
     F定番売場とプロモーションスペース

5.棚割の基本と品揃えの分析

   ・消費者・小売業・メーカーにとっての棚割の要件
   ・店内外のデータ分析(コーザル・POS・FSP・商圏など)と品揃えの方向性
   ・棚割での3つの適正化(グルーピング・ゾーニング・フェイシング)

6.購買行動に対応する新しいマーチャンダイジングのあり方

   ・店頭調査による購買実態の把握
   ・購買意欲低減へ対応する2つの施策
   ・習慣化した購買への対応と非計画的な購買への対応

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 ベルサール九段(東京都千代田区)  アクセスマップ
受講料 45,000円+消費税2,250円 …47,250円
セミナーNo. 0701154
ご案内PDF

本セミナーは企業内研修としても実施が可能です。
御社のニーズ、課題点をお聞きし、より実践的な研修にカスタマイズいたします。お気軽にお問合せください。
企業研修などについてのお問い合わせ



販売促進の企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズを的確に把握し、業界、業態を最適な方法、解決案をご提案。
リサーチ、診断・分析、プランニング、実践研修に至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング